記事内に広告が表示されます

ダイソー iPhone 15 Pro 対応キャンバス手帳型ケース

CANVAS smartphone case for iPhone 15 Pro スマホ・PC
スポンサーリンク

 iPhone 15 シリーズ用の手帳型ケースがダイソーで販売されています。このケースは外側がキャンバス生地のような仕上げになっているのが特徴です。

 2024年6月10日時点で、iPhone 15 用と iPhone 15 Pro 用が陳列されていることを確認しましたが、iPhone 15 Plus / iPhone 15 Pro Max 用は確認できませんでした。

 このページではキャンバス生地風の手帳型ケースの詳細を紹介しています。

スポンサーリンク

iPhone 15 シリーズ用の手帳型ケース

キャンバス生地風 iPhone 15 / 15 Pro 向け手帳型ケース

手帳型ケース for iPhone 15 Pro

 iPhone 15 / iPhone 15 Pro 用の手帳型ケースが100円ショップのダイソーで販売されていました。開き方を工夫することでスタンド仕様にすることもできます。こちらの製品は税込み220円です。

 2024年6月10日時点で、iPhone 15 用と iPhone 15 Pro 用が陳列されていることを確認していますが、iPhone 15 Plus / iPhone 15 Pro Max 用は確認できませんでした。

 iPhone 15 シリーズ対応がうたわれている100均の手帳型ケースはこちらの製品が初めてになります。クリアケースは以下のような製品が販売されています。

iPhone 15 シリーズ対応クリアケースが100均から発売!
iPhone 15 / 15 Plus、iPhone 15 Pro / Pro Max 対応クリアケースがダイソーやキャンドゥで既に販売されています。
セリア iPhone 15 Pro 用コーナーガード付きクリアケース
iPhone 15 Pro に対応したコーナーガード付きクリアケースが100均で販売されています。スマホを落としがちな方はこういうケースが良さそうですね。
iPhone 15 対応カメラ保護ありのアースカラークリアケース
セリアでちょっとオシャレなアースカラーのクリアケースが販売されています。カメラレンズ周辺が保護されるタイプなので傷が心配な方にもおすすめできます。
これが100均最高の iPhone 15 Pro 用クリアケース!
100均のセリアでは、カメラレンズ周りや各ボタンがしっかり保護される iPhone 15 Pro 用のクリアケースが販売されています。これはおすすめです!

手帳型ケースの全体的なデザイン

iPhone 15 シリーズ手帳型ケース

 こちらのケースはキャンバス地のように仕上げられています。シンプルなデザインであるため使う人を選びません。

 製品名にキャンバスとありますが、素材は麻でも綿でもポリエステルでもなく、PETとポリウレタンです。開封したときに特有の臭いがややありました。

 こちらのケースは生地と留め具がどちらもブラックですが、生地がグレーで留め具がホワイトの製品も陳列されていました。そちらも iPhone 15 用と iPhone 15 Pro 用があります。

カメラ部分

 カメラ周辺は四角く開いています。

 レンズ部への傷が気になる方は、同じく100均のレンズ保護グッズを取り付けてみてはいかがでしょうか。

ダイソーの iPhone 15 シリーズ用カメラレンズ全面保護カバー
iPhone 15 対応の「カメラレンズ全面保護カバー」がダイソーで販売されていたので試してみました。これはカメラレンズ全面を覆ってくれるので安心感があります。
セリアの iPhone 15 シリーズ用カメラレンズ保護フィルム
iPhone 15 対応の「カメラレンズ保護ガラスフィルム」がセリアで販売されていたので試してみました。運が良ければカメラ部の傷を防げます。

マグネット

 留め具は一般的な手帳型ケースと同様にマグネットが仕込まれていてパチリと留まるようになっています。

手帳を開いた状態

 中を開くと右側にスマホホルダー、左側にカードホルダーとなっています。

 ブラックは中も真っ黒です。

カードホルダーはカード3枚+1

カードポケット3枚+1

 カードホルダーにはカードが3枚入ります。カードケースの内側にもカードやレシートを入れられるスペースがあります。

カードを入れた状態

 適当なポイントカード3枚をカードホルダーに入れてみました。いずれもカードホルダーの奥まで差し込んだ状態です。

 レシートを内側のポケットに入れてみました。ここにはいざという時のためにお札を折りたたんで入れておいても良いかもしれません。

スマホホルダーは作りにやや難あり

ケース

 スマホホルダーは iPhone 15 Pro がぴったりと嵌まりますが、この部分の造りは他のクリアケースなどと比べるとイマイチです。

iPhone 左側面

 側面を見ると安っぽい感じが否めません。

iPhone 右側面

 電源ボタンはやや強めに押さなければいけません。このあたりは個体差があるかもしれません。

 ちょっとしたことが気にならなければ普通に使えます。

iPhone 15 Pro 装着例

iPhone 15 Pro 装着例

 iPhone 15 Pro を取り付けてみました。

 スマホはしっかりと取り付けられており、当然ですが逆さにしても落ちるようなことはありません。

iPhone 15 Pro ブラックチタニウム購入後レビュー
iPhone 15 Pro ブラックチタニウムを購入しました。古い iPhone からの買い替えを検討中の方に特におすすめできるモデルです。

カメラ周辺

 ケースを閉じた状態です。カメラ周りはブラックチタニウム色であれば外観と同色ということもあって違和感はありません。

iPhone 底面

 USB Type-C 端子とスピーカーの周りはきちんと開けられています。充電端子も普通に差し込めます。

スタンド仕様にして動画視聴も楽しめる

スタンド化

 この手帳型ケースはスタンド機能が備わっているため、カバー部を折り曲げることでスマホを傾けて据え置くことが可能です。

 YouTube やネトフリなどの動画視聴が捗ります。

スタンドの傾斜

 横から見るとこのようになっています。角度調整はほぼできませんが、ちょうどよい角度になっているように感じられます。

一般的なクリアケースとの大きさ比較

クリアケースとの比較

 手帳型ケースをセリアで販売されている以下のクリアケースと比較してみました。

これが100均最高の iPhone 15 Pro 用クリアケース!
100均のセリアでは、カメラレンズ周りや各ボタンがしっかり保護される iPhone 15 Pro 用のクリアケースが販売されています。これはおすすめです!

厚みの比較

 やはり手帳型ケースの方が全体的に大きいです。カバーがある分だけクリアケースよりも厚いです。嵩張って上着やズボンのポケットに入れにくいところがデメリットといえます。

 けれども、スマホを落としたときの安心感は手帳型ケースの方が断然上でしょう。ガラス面を保護することができます。

 このような手帳型ケースの最大のメリットは、免許証、クレジットカード、交通系カードなどを一緒に持ち運べるという点にあります。この他、カバーを衝立の代わりにすることで電車やカフェにおいて隣の席の方から画面を見られないようにすることもできます。

 iPhone 15 シリーズ向けの安価な手帳型ケースを探している方は、こちらの製品を一度試してみてはいかがでしょうか。

コスパの高い iPhone 15 Pro 用のガラスフィルム
iPhone 15 Pro に市販のガラスフィルムを装着してみました。ここではガラスフィルムを綺麗に貼り付けるコツと注意点をまとめています。
iPhone 15 シリーズ対応ガラスフィルムが100均から発売!
iPhone 15 / 15 Plus、iPhone 15 Pro / Pro Max 対応ガラスフィルムがダイソーやキャンドゥで既に販売されています。
新発売!セリアの iPhone 15 Pro / 15 対応ガラスフィルム
新しく発売されたセリアの iPhone 15 Pro / 15 対応ガラスフィルムの特徴についてまとめています。