日常生活

生活用品と各種イベントに関する情報をお届けします。

DIY・工具

第二種電気工事士技能試験の練習はホーザンDK-51がおすすめ

電気工事士技能試験の練習用部材はホームセンターで個別に揃えるよりもセットで用意したほうが簡単です。ここでは、どの部材がホームセンターで手に入りにくいのかについても言及しています。
DIY・工具

オリーブドラブ色がカッコいい作業用の手袋

DIY用途としてショーワグローブの「護01 グリップ」という作業用のグローブを購入しました。お手頃価格で作りも良いので、荷物運搬、土木建築、倉庫作業などのお仕事からDIYや園芸などの趣味まで幅広く使えそうです。
DIY・工具

フジ矢のヒッポケースが電気工事士試験の工具収納に最適な理由

電気工事士の技能試験に使用する指定工具を収納するためにフジ矢のヒッポケースを用意しました。必要な工具を余裕で収納することができる上に、試験時にケーブルや器具を一時的に置いておくこともできて便利です。
DIY・工具

ホーザン「合格ゲージ」は芯線被覆の剥離と芯線の微調整に便利

ホーザンの「合格ゲージ(P-925)」は電気工事士の技能試験に使える便利なツールです。これはVVFストリッパーに取り付けることで、芯線の切断および芯線被覆の剥離における長さの測定作業が簡略化できます。
DIY・工具

ホーザン「合格クリップ」は圧着作業の効率化に不可欠なツール

ホーザンの「合格クリップ」があると芯線を仮留めすることができるため、リングスリーブによる圧着作業の効率が大幅に向上します。芯線3本以上の結線では被覆の位置を上手く揃えられます。ひとつあるだけでも大活躍します。
DIY・工具

ホーザン「合格マルチツール」は技能試験の合格に役立つ神ツール

ホーザンの「DK-200(合格マルチツール)」はひとつでいくつもの役割を果たしてくれます。これがひとつあるだけで技能試験の作業が大幅に効率アップします。時短&効率化を考えている方は導入を検討してください。
DIY・工具

第二種電気工事士の筆記試験は効率よく勉強して合格しよう

第二種電気工事士の筆記試験について、合格した経験に基づいて試験対策についてまとめています。筆記試験は出題内容をしっかり理解した上で、過去問を数回繰り返して解くことで合格可能です。
DIY・工具

第二種電気工事士の資格取得にかかる費用は約5万円

【2022年(令和4年)】第二種電気工事士の資格取得にかかる費用について説明しています。筆記試験と技能試験の試験会場がどこになるかについて気になる方も必見です。(誤字脱字修正&追記しました)
DIY・工具

電気工事士免状のプラスチックカード化の都道府県別対応状況

【更新】令和4年(2022年)4月1日以降、電気工事士の免状が紙媒体からプラスチックカードに順次変更されます。このページでは各都道府県における令和4年10月1日現在のプラスチックカード化の対応状況についてまとめています。
DIY・工具

ロブスターのミニ圧着工具「AK17MA2」

ロブスターのミニ圧着工具「AK17MA2」を購入しました。「中」までの刻印ができるミニ圧着工具の中ではお手頃価格ですが、JIS規格にも対応しており、日本製で作りもしっかりしています。
スポンサーリンク