記事内に広告が表示されます

10cm厚がちょうどよいニトリの三つ折りボリュームマットレス

三つ折りボリュームマットレス 日常生活
スポンサーリンク

 さらなる安眠を求めてマットレスを買い替えることにしました。

 新しく導入したニトリの「三つ折りボリュームマットレス」は、厚み 10cm 硬さ 140 ニュートンの日本製ウレタンを採用したマットレスです。公式サイトのレビュー・口コミも良くて、価格もお手頃です。

 やはり寝具は定期的に交換したほうが気持ちよく眠ることができますね。

スポンサーリンク

ニトリの「三つ折りボリュームマットレス」はお値段以上?

ニトリ「三つ折りボリュームマットレス」

三つ折りボリュームマットレス

 新しいマットレスを色々なお店&ネットで探していましたが、ニトリの「三つ折りボリュームマットレス 10cm シングル(XM002)」を選びました。

【参考】
三つ折りボリュームマットレス 10cm シングル(XM002)(ニトリ公式サイト)

 この製品は中芯がウレタン100%、ウレタンの硬さが140ニュートン、サイズ(シングル)が幅 97 cm × 長さ 195 cm × 厚さ 10 cm です。

 価格は税込み5,490円でした。このマットレスは送料無料です。素材は側生地がポリエステル100%、中材がウレタンフォーム100%です。カバーが中国製、中身が日本製。

 ニトリはマットレスを始めとした寝具の種類が豊富に用意されており、性能や価格の違いから自分にとって最適な製品を選択することができます。

 ニトリのマットレスは、以下のような様々なカテゴリーの製品が数多くラインナップされており、それらの構造や性能の違いから好きなものを選ぶことが可能です。

・ポケットコイルマットレス
・ボンネルコイルマットレス
・ノンコイルマットレス
・折りたたみマットレス
・高反発マットレス
・低反発マットレス
・高密度スプリングコイルマットレス
・ポスチャーテックコイルマットレス

 ニトリのマットレスは店頭でも販売されている製品と「ネット限定」「メーカー直送」の製品に分けられます。店頭で実物に触れて選ぶのが望ましいとは思いますが、個人的にはネットでしか手に入らない製品のほうが魅力を感じるものが多いという印象です。

 今回は折りたたみマットレスの中からそこそこの厚みでお手頃価格の製品を選びました。カバーが洗濯機で洗えることも確認しました。ニトリの寝具はこれまでに何度も購入していることから安心感もあります。

 2024年6月7日時点で、総合評価は4.1、162件のレビューが寄せられています。悪いコメントは下のほうに表示されているので、すべてに目を通すことをおすすめします。

圧縮梱包で受け取りも開封も楽々

圧縮梱包製品

 マットレスを通販で購入するとき、梱包や配送が気になるという方は多いのではないでしょうか。

 この製品に関して言えば、小学生高学年でも高齢者でも持ち上げられる段ボール箱に入って届きました。圧縮梱包になっているので開封するまでは驚くほど小さい状態を保っています。

 梱包サイズは、ニトリ公式サイトの製品ページによると、シングルが幅 100 × 奥行 30 × 高さ 30 cm、セミダブルが幅 36 × 奥行 36 × 高さ 65 cm、ダブルが幅 36 × 奥行 36 × 高さ 75cm です。

 段ボール箱には「圧縮梱包製品」という説明のためのラベルが貼られていました。そのため、開封の手順もすぐに分かります。外箱に注意書きがあるようにカッターナイフの使用は厳禁です。

箱の中

 マットレスはビニール袋に入った状態でロール状に小さく折りたたまれて箱に収められています。圧縮梱包技術も昔と比べて進化しているようです。

ビニールを切ると広がる

 外側にビニールが巻かれており、それをハサミで切り離すまでは段ボール箱に入った形状のままです。

 このビニールもカッターナイフは厳禁で、ハサミを使ってそっとカットします。すると、マットレスの形状に広がっていきます。

圧縮状態のマットレス

ナイロン袋に入った状態

 マットレスはナイロン袋に入って圧縮された状態です。袋が閉じられていて真空のようになっています。マットレスはぺっちゃんこです。

 縁をハサミでカットしてやると空気が入って瞬く間に膨らんで元の状態を取り戻します。

開封直後の厚み

 そこからしばらく放置していると元の厚みに戻ります。ここで注意点がひとつあります。それはしばらくのあいだは独特の臭いが漂ってくるということです。

 臭いに敏感な方は到着後すぐに使うことはできません。客間や廊下などの空きスペースに1週間から10日ほど放置してからお使いになることをおすすめします。換気は必須です。

10cm 厚の日本製ウレタンフォーム採用

シンプルなマットレス

 こちらの折りたたみマットレスは三つのブロックに分かれています。それらがカバーで繋がっており、そのまま折りたたむことができます。

 折りたたみマットレスはこれまでいくつか使ってきていますが、隙間のところを踏みつけない限り不都合が生じることはないように思います。

生地

 生地はやや濃いめのグレーです。味方によってはややシルバーのように見えるかもしれません。灰色系はアイボリーやベージュなどの白系と比べると汚れが目立ちにくいといえます。

 どちらにせよ敷きパッドを被せることになるので派手な色でなければ何でもよいでしょう。

ファスナーは三方にある

 こちらがマットレスを折りたたんだ状態です。

 各部にファスナーがあり、三方を開けてカバーを取り外すことができるようになっています。

日本製のウレタンフォーム

 こちらが中身のウレタンフォームです。

 側面は三方が開くのでカバーの着脱が容易で洗濯も簡単です。

品質表示タグ

 品質表示タグ。

スポンサーリンク

「三つ折りボリュームマットレス」の寝心地

 「三つ折りボリュームマットレス」は製品の仕様が自分の欲しいものと一致しており、また購入者の評価と価格のバランスもとれていると感じて購入を決めました。

 このマットレスを自作のすのこベッドの上に敷いて利用しています。座ったときや踏んだときには底付き感がありますが、横になっている分には底付き感はまったく感じません。

 しかし、がっしりとした体格の方は、このページで紹介しているようなマットレスではなく、とにかく頑丈な製品を選んだほうがよいと思います。小柄な方や体重の軽い方はまったく問題ありません。

 新しいマットレスで数日間寝ていますが、今のところ不満はありません。もしも問題点を挙げるとするなら、開封時の匂いが臭いこととネット限定販売のため店頭で現物を見ることができないという二点でしょうか。

 寝心地は今の段階では可もなく不可もなし、この価格帯であればこんなものかなという印象です。途中で目が覚めることもなく、朝まで普通に眠ることができています。背中や腰がすぐに痛くなるようなマットレスがいくつもあることを考えれば、この製品のコスパはそこそこ高いといえます。

 もうしばらく寝てみて気づいたことがあれば追記する予定です。

約3,000円、1×4材を用いた「すのこベッド」のDIY
1×4材を使って「すのこベッド」を作ってみました。マットレスや敷き布団をすのこベッドに載せることで風通しが良くなり、湿気やカビの問題を遠ざけることができます。木製フレームを製作して、その上にすのこを載せると一般的なベッドのように使うこともできます。
ニトリの安い座椅子はそれなりに快適でおすすめです
座椅子は長引く自粛生活、在宅勤務や自宅学習などで重宝します。リビングや和室のローテーブルで仕事や勉強をするときに、とても楽な体勢で過ごすことができます。テレビを見てくつろぐときも座椅子があるととても便利です。
ニトリの抗菌防臭・防ダニふとんを購入しました!
ニトリで抗菌防臭・防ダニのふとんと暖かそうなふとんカバーを購入しました。この冬は新しいふとんで過ごそうと思います。寒さが厳しい日には電気毛布でふとんを温めてから眠ると良さそうです。