記事内に広告が表示されます

Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」は急速充電器の決定版!

Anker 735 Charger レビュー スマホ・PC
スポンサーリンク

 スマホやパソコンの充電環境を見直して、USB Type-C 化を進めています。

 2023年9月22日(金)に発売された iPhone 15 シリーズでは、USB-C による充電が可能であることから大きな話題になりました。既に iPhone 15 / 15 Plus、iPhone 15 Pro / Pro Max を手にした方も多いでしょう。

 そういう方は新しい iPhone 15 シリーズのために充電環境を見直してみてはいかがでしょうか。USB-C 端子が使える古い充電器でも高速な充電には対応していないことがあります。iPhone 15 シリーズに急速充電を行うためには、USB PD & 20W以上に対応した充電器とUSB-C ケーブルを用意する必要があります。

 USB-C ケーブルを新調するついでに高性能な充電器に変えてみてください。日々の充電生活が信じられないほどに快適になります。ここではおすすめの充電器を紹介しています。

 2023年7月に開催された Amazon プライムデーのセールにおいて、Anker「Nano II 65W」という小型充電器と一緒に同じくAnker の「735 Charger(GaNPrime 65W)」という充電器も購入しました。この充電器は iPhone 15 & 15 Plus、iPhone 15 Pro & 15 Pro Max の充電にも最適です。実際に iPhone 15 Pro が問題なく充電されることを確認しています。

 こちらのページでは、Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」という急速充電器を紹介しています。こちらの急速充電器は USB ポートが三つ搭載されているということもあって、自宅で複数のデバイスを充電するときに重宝しそうです。それに加えて、長期の出張や海外旅行などの際に持ち出すことで、外出先でも普段と同じように複数のデバイスを同時に充電することができます。

 しかも、こちらの充電器は以前紹介した「Nano II 65W」と同様に最大 65W の充電に対応しているため、PD(パワーデリバリー)に対応した一部のノートパソコンへの給電もできます。そのため、ノートPC 用の AC アダプターを携行する必要がなくなります。

 この充電器を海外に持って行って使ってみましたが、何の問題もなくスマホを急速充電することができました。タイを始めとした一部の国では変換プラグなしでコンセントにそのまま挿し込めます。充電器がコンセントからずり落ちるといったことはありませんでした。また、3ポートあるため使い勝手抜群です。
Anker「Nano II 65W」は毎日持ち歩きたい小型急速充電器!
Anker「Nano II 65W」は外出時の充電器に最適です。これひとつで iPhone、Android、タブレット、ノートPC の充電が完結します。
iPhone 15 シリーズで使える 100W & PD 対応 USB-C ケーブル
Anker 333 USB-C to USB-C ケーブルは 100W & PD に対応している上、iPhone 15 シリーズでも使用することができます。
USB PD 非対応のノートPC を USB PD 充電に対応させる方法
ノートPC の充電は、対応する変換アダプターを利用し USB PD 化することで、ACアダプターを不要にすることができる場合があります。
スポンサーリンク

高性能な急速充電器はせめてひとつは持っていたい!

Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」

Anker 735 Charger(GaNPrime 65W)

 Anker の「735 Charger(GaNPrime 65W)」は、2022年夏頃に発売された「GaNPrime」シリーズの急速充電器です。

 Anker 独自技術である GaNPrime が採用されています。これは従来の GaN(窒化ガリウム)技術を進化させたものとのことです。

 なお、2023年に発売された「Anker Charger (67W, 3-Port) 」という新しいモデルがあります。こちらも同様のデザインになっています。

Anker 735 Charger の特徴

 こちらは USB PD 出力 65W に対応しているため、PD に対応した一部のノートPC での使用・充電も可能です。上位モデルには 120W 出力に対応した「Anker 737 Charger」という製品がラインナップされています。

 USB ポートが3ポート搭載されているため、3台のデバイスを同時に充電することができます。複数機器への充電は最適な出力配分を行ってくれるようです。複数ポート使用時は、当然のことながら最大 65W となります。

(追記)
 2018年に購入したモバイルバッテリー(micro USB)を充電しようとしたところ、充電中を示す LED が正常に点灯せず、上手く充電することができませんでした。従来の充電器では問題なく充電できています。出力の問題なのか、出力配分の問題なのかは分かりませんが、こういう事例もあるということを付記しておきます。
 使用する機材は、出張や旅行に行く前に正常に給電できるかどうかを確認してください。

Anker 735 Charger の仕様

 入力は100 – 240V~1.8A、50~60Hz とあります。また、複数ポート利用時の組み合わせは上記の表のとおりです。

 本体サイズは約 66 mm × 約 38 mm × 約 29 mm です。重量は約 132gです。

Anker 735 Charger の化粧箱 同梱物一覧

 製品の箱には本体、簡易説明書、製品保証の紙が入っています。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W) | 急速充電器の製品情報
Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)ならAnker (アンカー) Japan公式サイト。最大出力65Wかつ、3ポート搭載で3台の機器を同時に充電が可能な3ポートUSB急速充電器です。一般的な67W出力以上の充電器...

Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」のデザイン

Anker 735 Charger の本体デザイン

 本体色ブラックは濃い灰色といった色味です。本体の片側には「ANKER」と「GaNPrime」というロゴが入っています。

 カラーはこの他にホワイトとゴールドがあります。さらに、ピカチュウがデザインされた可愛らしいモデルもあるようです。

側面

 反対側にはロゴはなく無地です。

 本体を持ち上げるとずっしりとした重みを感じます。

上部

 こちらが本体上部です。

 一般的な 67W 出力の充電器と比較すると約 55% の小型化が実現されているというだけあってコンパクトな仕上がりになっています。

正面の USB ポート

 正面には USB ポートが三つ(Type-C が二つ、Type-A が一つ)あります。ノートPC の充電は Type-C ポートを使用します。

Anker 735 Charger の全体像

 前面だけガンメタルのようなカラーになっています。

 ホワイトやゴールドのカラーもオシャレな印象を受けましたが、Amazonのセール対象にはなっていなかったため、ブラックを選びました。このカラーもどんなものにも合うと思います。

折りたたみ式のプラグ

折りたたみ式プラグ

 プラグは折りたたみ式になっています。出張や旅行に携行する際にも邪魔になりません。

プラグの引き起こし

 プラグはしっかりしていて、ぐらつきはほぼありません。

プラグを出した状態

 コンセントにしっかり差し込むことができて、今のところずれ落ちてくることはありません。

 それでも、「Nano II 65W」と比べると明らかに奥行きが長いため、コンセントから突出している感じはあります。

Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」のサイズ比較

Anker Nano II 65W との比較

 Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」を「Nano II 65W」と比較してみると双方のサイズ感が掴めると思います。

Anker「Nano II 65W」は毎日持ち歩きたい小型急速充電器!
Anker「Nano II 65W」は外出時の充電器に最適です。これひとつで iPhone、Android、タブレット、ノートPC の充電が完結します。

Anker Nano II 65W との比較

 奥行きがまったく違います。

Anker Nano II 65W との比較

 デザインは同じシリーズということもあって統一感があります。

 自宅用と普段の外出用ということで二つ揃えておくのもアリだと思います。

Anker の旧製品との比較

 同じく Anker の「PowerPort Speed 4(43.5W)」と比較してみます。この急速充電器は USB Type-A が4ポート搭載されているモデルです。

 スマホの充電だけであれば古い製品でも問題ないのですが、ノートPC の充電を考えると PD 対応の新しい急速充電器が必須となります。

Anker の旧製品との比較

 「735 Charger(GaNPrime 65W)」はざっくり半分くらいの大きさといえます。

 ポート数の違いはありますが、自宅から時々持ち出すことを考えるとサイズの小さいほうが邪魔になりません。

Anker「PowerPort Speed 4(43.5W)」USB急速充電器レビュー!
Ankerの「PowerPort Speed 4」はQuickCharge3.0とPowerIQに対応しているUSB充電器です。この製品はiPhoneやAndroidなど複数のスマホの充電時にとても重宝します。

ケーブルの差し込みと電源タップへの差し込み

USB ケーブルの差し込み

 上の2本は USB Tyep-C で、下は USB Tyep-A です。

QC3.0に対応したNIMASOの高耐久USB Type-Cケーブル!
断線しにくい頑丈なケーブルをお求めなら、NIMASOの「USB A to USB Cケーブル」が最適です。丈夫なナイロン被覆とコネクタ部の補強によってきわめて丈夫に造られています。またQuickCharge3.0への対応も明記されています。

USB ケーブルの差し込み

 どちらもしっかりと差し込めるようになっています。緩い感じはまったくありません。

iPhone 15 シリーズで使える 100W & PD 対応 USB-C ケーブル
Anker 333 USB-C to USB-C ケーブルは 100W & PD に対応している上、iPhone 15 シリーズでも使用することができます。

電源タップへの差し込み

 本体を電源タップに差し込んだ場合、隣接したコンセントは一般的なプラグであれば問題なく使用できます。極太のプラグは干渉する恐れがあります。

 壁の2口コンセントに差し込んだ場合は、隣接したコンセントをそのまま使用できます。ただし、3口コンセントに差し込むと隣接したコンセントが使用できません。3口コンセントの真ん中に差し込んだ場合には上下のコンセントが使えなくなってしまいます。

ノートパソコンの充電

 Anker「735 Charger(GaNPrime 65W)」はノートPC への給電も可能です。ThinkPad X280 でも充電・使用ができることを確認しました。

 出張や旅行の際には、この急速充電器と USB Type-C ケーブルを携行することで事足ります。ケーブル長は卓上からの電源供給の場合は 90cm で問題ありませんが、足元から延長する場合は 180cm のほうが余裕があって取り回しに難が生じません。上の写真は 180cm のケーブルです。

 機種にもよりますが、PD に対応した複数ポートの急速充電器がひとつあれば、AC アダプターを持ち出さなくてもノートPC への給電が可能となるばかりでなく、スマホやタブレットも併せて充電することができるようなります。

 この充電器は本当に買って良かったです。ケーブルも対応したものに交換しなければいけないという手間はありますが、それだけの価値があるように思えます。毎日頻繁に使用しているアイテムを高性能で使い勝手のよいものに替えると、やはり生活の質が大幅に向上しますね。

24インチ WUXGA の代替は27インチ WQHD で決まり!
Dell「S2721DGF」を購入しました。WQHD(2560×1440)は WUXGA(1920×1200)からの置き換えに最適な解像度です。
「Google Pixel 7a」は近年稀にみるコスパ最強のスマートフォン
2023年5月11日に発売された「Google Pixel 7a」の「Sea」というカラーを紹介しています。性能がそこそこ高いにもかかわらず価格が安い!!
Google Pixel 7 はカメラ性能とコスパの高さが秀逸
Google Pixel 7 Lemongrass 128GB を購入しました。新端末のカラー、デザイン、付属品、設定等について簡単にまとめています。購入を検討されている方は色味の確認等に役立ててください。
【2024年改訂版】大学生におすすめのモバイルノートPC
【2024年パソコン選びの決定版】パソコンのことはよく分からないけど、大学の合格・入学を機にモバイルノートPCの購入を検討しているという方に必見の内容です。