【初心者必見】これは使える!本当に凄いダイソーの釣り具!

ダイソーの釣り具アウトドア

 ダイソーには100円ショップとは思えないほどたくさんの種類の釣り具が販売されています。ルアーやサビキの仕掛けなど汎用性の高い釣り具もラインナップされています。

 ここでは、私が購入したダイソーの釣り具の中でも特におすすめのアイテムを紹介しています。これから釣りを始める方にも役立つ情報満載です。

スポンサーリンク

ダイソーの釣り具がすごい!

 ダイソーの釣り具と聞いて誰もが思い浮かべるものがルアーだと思います。ダイソーにはジグやエギなどのルアーが複数のサイズ、重さ、カラーでラインナップされています。

 一時期、SNS上でもダイソーのルアーが釣れると話題になったことがあります。その中でも特に「ジグロック」と「ジグベイト」というメタルジグは絶大な人気を誇っています。

スポンサーリンク

ジグロック(ルアー)

メタルジグ

 ジグロックの重さは18gから40gまで三種類が用意されています。カラーは「ブルー×ピンク」「シルバー」「グリーン」の三色です。

製品情報

品名ジグロック(JIG ROCK)
カラーブルーピンク、シルバー、グリーン
重量18g・28g・40g
材質本体:鉛、針:カーボンスチール
製造国中国
発売元ダイソー

 

ジグロック18g

 18gの「ジグロック」です。もっとも小さいサイズになります。

ジグロック28g

 28gの「ジグロック」です。中間サイズになります。

ジグロック40g

 40gの「ジグロック」です。もっとも大きなサイズになります。

ジグロックの中身

 ジグロックは個人的に「18g」が使いやすいように思います。異なるサイズとカラーを一通り試してみるのも面白いかもしれませんね。

40gの全体像

 こちらは40gの「ジグロック」の全体像です。

40gのサイズ

 本体の長さは約80mm以上あります(18gは約60mm)。柔い竿だと折れる可能性があります。

スポンサーリンク

ジグベイト(ルアー)

ジグベイト18g

 ジグベイトの重さはジグロックと同じく18gから40gの三種類となっています。最近は「28g」と「40g」のジグベイトを見かけません。どこの店舗も「18g」ばかりでした。なお、カラーはジグロックと異なり「ピンク」「オレンジ」「ブルー」の三色です。

製品情報

品名ジグベイト(JIG BAIT)
カラーピンク、オレンジ、ブルー
重量18g(28g・40g)
材質本体:鉛、針:カーボンスチール
製造国中国
発売元ダイソー

ジグベイトパッケージ裏面

「ジグベイト」のパッケージの裏面です。

ジグベイトの全体像

「ジグベイト」は「ジグロック」と形が大きく異なります。「ジグロック」が楕円形に近いかたちであるのに対して、「ジグベイト」は長方形に近いかたちをしています。

ジグベイトのサイズ

 18gの「ジグベイト」のサイズです。

 

ダイソーのルアーについて

 これらのルアーは、釣り具メーカーの製品を購入すると、いずれも500円から2,000円程度します。気軽に始めるには少々お高い価格設定になっています。

 もちろん、高いものには高いなりの理由があると思います。釣り具メーカーの製品は、実際に使用して改良を重ねたり、釣果をもとに性能を検証したりしているわけです。そうしたことから当然、製品の開発、検品、流通などにかかわる費用が上乗せされています。

 そうはいえど、お試し程度に始める場合は高いルアーはなかなか買えないと思います。ルアーや仕掛けは、釣りをしている最中に根掛かり(海底の障害物に引っ掛かる)して無くしてしまいことも少なくありません。そういうときに100均の製品はコスパに優れていて助かります。

スポンサーリンク

グロッシートップコート

トップコート

 ルアーを購入したら使用する前にコーティングしておいたほうが良いかもしれません。メタルジグ(ジグロック/ジグベイト)は、地面を引きずったり岸壁にぶつけたりすると塗装があっという間に剥げ落ちます。

 ルアーを少しでも良い状態に保つためにマニキュア用のトップコートがおすすめです。「つや消し」のものより「つやアップ」のものが光沢感は増します。キャップに刷毛が付いていますのでこの製品だけでOKです。

 トップコートはダイソーで販売されています。化粧品やネイル用品を取り扱っているコーナーに置かれています。

製品情報

品名グロッシートップコート
シリーズウィンマックス ネイルケアシリーズ
内容量12ml
成分酢酸エチル、酢酸ブチル、ニトロセルロース、クエン酸アセチルトリエチル(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー、イソプロパノール、(アジピン酸/フマル酸/フタル酸/トリシクロデカンジメタノール)コポリマー、紫201
製造国台湾
発売元ダイソー

トップコートの説明

 トップコートの裏面には成分や説明が記載されています。

トップコートの瓶

 グロッシートップコートの本体です。

付属の刷毛

 赤いフタに刷毛が付いています。刷毛と軸の部分に液が少し溜まっています。瓶の縁でトップコートの量を調整しながら塗ってください。

塗装の下準備

 塗装を始める前に割り箸を用意します。窓も開けてください。

割り箸で固定

 割り箸の先端部分に針を固定すると塗りやすくなります。

塗装作業

 机にトップコートが垂れないように新聞紙やビニールを敷いたほうが良いです。塗り終わったら乾燥させます。時間のある方は、この工程を複数回繰り返して厚塗りにしても良いと思います。

 揮発した成分が相当臭います。塗装中は絶対に換気が必要です。くれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

フックカバー

フックカバー

 ルアーと合せて入手しておきたいものが「フックカバー」になります。こちらもダイソーの製品です。

 ルアーの針に装着することでルアーを安全に持ち運びすることができます。複数のルアーがあるならフックカバーも買っておくとひじょうに便利です。

製品情報

品名フックカバー
カラーブルー
サイズM(♯6~10)
数量14個入り
材質ポリエチレン
製造国中国
発売元ダイソー

フックカバーの説明

 パッケージの裏面。

Mサイズ14個

 ルアーの針の部分に付けるカバーが14個も入っています。お買い得感があるアイテムです。単純な製品ではありますが、すごく良くできています。14個ともバリや歪みはありませんでした。

 サイズはMサイズです。「ジグベイト」や「ジグロック」の針にぴったりと装着できます。なお、ほかのサイズは見当たりませんでした。

フックカバーのカラー

 フックカバーのカラーはブルーです。私が購入した店舗では、ほかの色は見かけませんでした。

フックカバーのサイズ

 フックカバーの大体のサイズ感です。

ルアーとフックカバー

 フックカバーを「ジグロック(18g)」と比較するとこうなります。

フックカバー装着

 フックカバーを装着してみました。針がぴったり収まります。フックカバーには簡易なロック機構があるため、カバーを軽く引っ張ったり、ルアーを振ったりしても外れることはありません。

フックカバーの余裕

 このようにフックカバーを付けて適当なケースに収納しておけば、使用する際に指に刺さったり絡まったりすることを防ぐことができます。針がもう少し大きくてもカバーが使えそうですね。

スポンサーリンク

サビキ仕掛け

サビキ仕掛け(その1)

サビキ仕掛け

 ダイソーの「サビキ仕掛け」には「ピンクスキン」仕様と「ハゲ皮」仕様の仕掛けがあります。私は「ハゲ皮」を選びました。

 針のサイズは「4号」「6号」「8号」があるようです。私は中間の「6号」を選択しました。仕掛けは時期や釣れる魚(釣りたい魚)に合せて適切なサイズを選ぶ必要があります。ただ、すべてのサイズが揃っている店舗は稀です。ラインナップは釣り具屋のほうが断然上です。

製品情報

品名サビキ仕掛け(ハゲ皮/ピンクスキン)
サイズ針 4号、ハリス 0.6号、幹糸    1号、枝長 5cm
針 6号、ハリス 0.8号、幹糸 1.5号、枝長 5cm
針 8号、ハリス 1.5号、幹糸    3号、枝長 5cm
材質糸:ナイロン
針:鋼鉄
サルカン・スナップ:鉄
疑似餌:ハゲ皮・ポリプロピレン
製造国中国
発売元ダイソー

サビキ仕掛けの説明

 パッケージの裏には一般的なサビキ仕掛けのやり方が図付きで解説されています。釣り初心者でも問題なく使用できます。

 初めてサビキ釣りをする方は、仕掛けを取り出すときに絡まないように慎重に作業をする必要があります。

サビキ仕掛けの種類

 サビキ仕掛けのサイズは三種類あるようです。こちらは「4号」と「8号」の中間の「6号」です。小アジ狙いなら「6号」で大丈夫です。

 別途、オキアミ(餌)を入れる「重り付きアミカゴ」が必要です。こちらもダイソーに売っています。また、一部の店舗にはサビキカゴの付いた仕掛けも販売されているようです。

 サビキセットは釣具店で購入してもそれほど高いものではありません。また、釣具店のほうがさまざまな種類の中から選択できるという利点があります。適当なものを複数セット購入しておくのがおすすめです。

ダイソーサビキ

 「ピンクスキン仕様」も持っていました。「ハゲ皮」の仕掛けを買うときにどうやら「ピンクスキン」仕様の仕掛けも買っていたようです(追記)。

旧パッケージピンクスキン

 こちらが「ピンクスキン」仕様のサビキ仕掛けです。私は「4号」を選びました。オキアミっぽい感じがします。「ハゲ皮」仕様の仕掛けと状況に応じて使い分けたいですね。

サビキ仕掛け(その2)(2019年10月2日追加)

新パッケージ

 ダイソーには上で紹介したパッケージとは別の製品も販売されています。その製品がこちらのピンク色のパッケージの仕掛けになります。内容はおそらく同じものと思われます。

サビキ仕掛け

 こちらのパッケージには新しいダイソーロゴが付いていますのです、パッケージをリニューアルしたものではないでしょうか。

ピンク

 針のサイズは「4号」「5号」「6号」の三種類がラインナップされています。また、仕掛けには「ハゲ皮」と「ピンクスキン」の二つの仕様があります。どちらのタイプも持っておくと便利だと思います。釣り場では周囲の釣り人を観察して、食いつきの良さそうな方を選択したいですね。

製品情報

品名サビキ仕掛け(ハゲ皮/ピンク)
サイズ針4号、ハリス0.6号、幹糸1号、枝長5cm
針6号、ハリス0.8号、幹糸1.5号、枝長5cm
針8号、ハリス1.5号、幹糸3号、枝長5cm
材質糸:ナイロン
針:鋼鉄
サルカン・スナップ:鉄
疑似餌:ハゲ皮・ポリプロピレン
製造国中国
発売元ダイソー

サビキ仕掛け

 こちらが「ハゲ皮」仕様のサビキ仕掛けです。特に問題はなさそうです。

ハゲ皮

 「ピンクスキン」仕様の仕掛けは「5号」を選んだため、「ハゲ皮」仕様の仕掛けは「4号」にしてみました。

スポンサーリンク

浮き止めゴムストッパー

浮き止め

 浮き釣りに欠かせないアイテムの一つが「浮き止めストッパー」です。「浮き止めストッパー」を道糸に付け「シモリ玉」を通してから浮きを通すと、後から自由に浮き下の長さを変更することができます。ほかの釣り人の釣果を見ながら浮き下を調整することができるため、とても便利なアイテムです。

製品情報

品名浮き止めゴムストッパー
サイズ2~3号、Sサイズ
数量8個
材質本体:天然ゴム
ワイヤー部:ステンレススチール
製造国中国
発売元ダイソー

浮き止めの説明

 パッケージの裏面です。

Sサイズ8個

 Sサイズが8個入っています。

浮き止めの使用方法

 使用方法はパッケージ裏面を参照してください。釣り竿の先端から出ている道糸に「浮き止めストッパー」を通すだけです。その後に「シモリ玉」や「浮き」を付けていきます。

「浮き止めストッパー」は買い忘れることが多いアイテムでもあるので、タックルボックスに一つ入れておくと安心です。

スポンサーリンク

サルカン(スナップ付き)

スナップ付きサルカン

 道糸に仕掛けを取り付けるときに使用するアイテムです。スナップ付きのサルカンは、きわめて汎用性の高いアイテムです。サルカンは本当にいろいろな仕掛けで使用できます。

6種類各2個

 ダイソーの「サルカン(スナップ付き)」は、各種サイズが二つずつ入っています。しかも、ケースが付属しています。品質も悪くありません。

製品情報

品名サルカン(スナップ付き)
サイズ6種類(2号・3号・4号・5号・6号・7号)
数量各2個
材質フック・リング:バネ鋼、その他:真鍮、ケース:ポリプロピレン樹脂
備考ケース付き
製造国中国
発売元ダイソー

サルカンの説明

 こちらがパッケージの裏面です。

付属のケース

 ケースが付属しています。ケースのサイズは幅約88mm、奥行き約66mm、高さ15mmです。

フタの開閉

 フタはこのように開きます。簡易なロックが付いているためカバンの中でひっくり返ってもサルカンが飛び出ることはありません。

 各スペースにはまだ空きがあります。手持ちのシモリ玉や小さな重りなどを入れることもできます。

サルカンのサイズ比較

 各種サイズを比較してみました。大から小までまんべんなく揃っています。一番大きいものは使う機会がないかもしれません。

サルカンの幅サルカンの縦幅

 サルカンのサイズ感です。

サルカンと硬貨との比較

 硬貨との比較です。より大きさのイメージが湧きやすいかと思います。やはり一番大きいサイズのサルカンは使わないような気がします。

スポンサーリンク

ワンタッチスナップ

ワンタッチスナップ

 ルアーを使用するときに「スナップ」を付けておくと、後からルアーを交換しやすいという利点があります。昔はルアーを道糸に直結していることも多かったように思います。または、スナップ付きサルカンを利用していました。

「スナップ」は使用するルアーや狙う魚によって大きさや強度を確認する必要があります。今はスナップ一つとっても種類が豊富にあるようです。一種類だけとはいえ、ダイソーに売っていてびっくりしました。

製品情報

品名ワンタッチスナップ
強度8.0kg
数量10個入り
材質ステンレス(ニッケルメッキ)
製造国中国
発売元ダイソー

ワンタッチスナップの説明

 こちらがパッケージの裏面です。

強度8kg10個入り

「ワンタッチスナップ」の強度は8.0kgです。10個入りです。

スナップの取り付け方

 スナップ付きサルカンとは使用方法が微妙に異なります。「ワンタッチスナップ」はエギやルアーに付いている輪っかを先端に引っ掛けてくるりと回してセットします。フック部分を無理矢理開くと緩んだり壊れたりする可能性があります。

スナップ

 造りも問題ありません。特に不良品は見当たりませんでした。

スナップの幅

 サイズです。同一の製品が10個入っています。

スナップとサルカンとの比較

 先ほど紹介したスナップ付きサルカンの一番小さいものと比べてもさらに小さいことがわかります。

スナップと硬貨との比較

「ワンタッチスナップ」をサルカンおよび硬貨と比較した写真です。

スナップとルアーとの比較

 18gの「ジグロック」との比較です。

スナップの取り付け

「ワンタッチスナップ」の装着例です。

サルカン小との比較

 小さいスナップ付きサルカンとの比較です。

「ワンタッチスナップ」は、それほど高いものではありません。しかし、ダイソーで買えるというのは本当にありがたいですね。

スポンサーリンク

ケミカルライト(2019年10月2日追加)

 

ケミカルライト25

 夜釣りに便利なケミカルライトがダイソーで販売されています。しかも種類が豊富で数がたくさん入っています。1本ずつ個別包装になっているところがポイント高いですね。

 いわゆるケミホタルですね。ケミカルライトは、竿先につけたり、仕掛けにつけたりして使用します。

製品情報

品名ケミカルライト(25・37・50・75)
発光色グリーン(全種)
発光時間約5時間(全種)
内容量ケミカルライト25:8本入り、取付用チューブ4本
ケミカルライト37:6本入り、取付用チューブ3本
ケミカルライト50:4本入り、取付用チューブ2本
ケミカルライト75:3本入り、取付用チューブ2本
サイズケミカルライト25:Φ2.9 × 23mm
ケミカルライト37:Φ4.5 × 37mm
ケミカルライト50:Φ6.0 × 50mm
ケミカルライト75:Φ7.5 × 75mm
材質本体:ポリプロピレン、ガラス
チューブ:塩化ビニル樹脂
内容液:フタル酸エステル(規制対象外)、アルコール、シュウ酸エステル、過酸化水素3%未満、蛍光色素、他微量成分
製造国中国
販売元ダイソー

ケミカルライトの材質

◇◇◇

ケミカルライト

 私はケミカルライト25と37を購入しました。ケミカルライト25は発光体がなんと8本も入っています。一回り大きなケミカルライト37は発光体が6本入りです。

ケミカルライト37

 個人的には仕掛けに付ける用途であれば小さいサイズでも問題ないと思っています。どちらもコストパフォーマンス抜群の製品ではないでしょうか。

スポンサーリンク

2020年カレンダー(2019年10月2日追加)

月の満ち欠けカレンダー

 この製品は釣り具自体ではありません。しかし、釣りに必須の「月の満ち欠け」が表記されている珍しいカレンダーになっています。同時に旧暦や六曜まで記されています。一家に一つあると便利ですね。

月の状態がわかる

 月の満ち欠けがイラストにより一目でわかります。全体的にオシャレに作られていると思います。

旧暦と六曜も

 100均のカレンダーとしては珍しく六曜も記載されています。また、旧暦も併記されています。中国や台湾方面に旅行される方にとって、旧暦の表記はありがたいですね。

スポンサーリンク

活用できるアイテムがたくさん!

付属ケースの活用

 今回はダイソーの釣り具の中でも特におすすめの製品を紹介しました。Twitter検索で「ジグロック」「ダイソー サビキ」などのワードを入れて検索してみると、ここ最近の釣果が分かると思います。

 ダイソー製品のルアーやエギなどは、塗装の荒さや針の作りの悪さが目立つこともあります。しかし、ダイソーの釣り具には今回紹介した製品のように実際に使えるアイテムがかなりたくさんあります。自分でカスタムして使用されている方も多いようです。

 欠点は、店舗によって釣り具の取扱いがまったく異なる点です。海や川の近くにもかかわらず釣り具がまったく置いていない店舗もあります。また、ルアーやサビキの種類が限られていたり、欠品状態が長く続いていたりというように、ラインナップにムラがあります。この点が最大の問題ではないでしょうか。

 余談ですが、ダイソーには釣り竿セットも販売されています。1,000円くらいします。これはまともなものを買ったほうが絶対に良いと思います。笑