飲み物はもうこぼさない!クリップ式ドリンクホルダー!

反対側からアウトドア

 お花見やバーベキューで缶入りの飲料を飲んでいると、缶が風で倒れて転がってしまったり、手が当たってジュースをこぼしてしまったりすることがあります。また、小さなお子様のいらっしゃるご家庭では特にこの手のトラブルに悩まされがちではないでしょうか。

 そんなときにアウトドアテーブルにワンタッチで取り付けられるドリンクホルダーが救いとなります。ドリンクホルダーはコストパフォーマンスに優れたアイテムの一つです。ここではドリンクホルダーの詳細をレビューしています。

スポンサーリンク

クリップ式のドリンクホルダー

 クリップ式ドリンクホルダーが、100均のセリアやダイソーで販売されています。

Moon Lenceのアウトドア用「折りたたみテーブル」詳細レビュー!
Moon Lenceの「折りたたみテーブル」を購入しました。コンパクトに収納できるため、キャンプはもちろんのこと、お花見や運動会などの種々のイベントでも重宝しそうです。このテーブルは価格も安くて質感も高いためひじょうにおすすめできます。

 クリップ式ドリンクホルダーはテーブルや肘掛け付きチェアに取り付けて使用します。ドリンクホルダーに缶ジュースやコンビニコーヒーなどを載せておくと、缶や紙コップを倒すリスクを大幅に減らすことができます。また、紙コップが風で飛んでいくということを防げます。

 クリップ式ドリンクホルダーは、缶や紙コップ以外にも径の小さいマグカップに使用することができます。ドリンクホルダーの側面の一部が開いているため、取っ手のあるマグカップにも問題なく使えます。

 ほかには小物を一時的に置いておくのにも使えます。スマホをちょっと置いておくのに便利です。

クリップ式ドリンクホルダー

 私はダイソーで売っている「ドリンクカップ」を購入しました。製品に関する情報をみてみましょう。

製品情報

品名ドリンクカップ
カラーグレー、ブラウン
サイズ
(実測値)
幅約 85 mm、奥行き約 163 mm、高さ(厚み)約 80 mm(取り付け前)。
ホルダーの径約 73 mm、ホルダーの深さ約 37 mm、取っ手部の切れ込みの幅約 19 mm、取っ手部の切れ込み深さ約 21 mm
取り付け可能範囲25~30 mm(実際には20~25 mmくらい)
耐荷重800g
材質本体:ポリプロピレン(耐熱温度70℃)
バネ部:炭素鋼
製造国中国
発売元ダイソー

使用方法 材質とサイズ

スポンサーリンク

ダイソー「ドリンクカップ」の外観とデザイン

ドリンククリップ

 クリップ式ドリンクホルダーは、ダイソーでは「ドリンクカップ」という名称で販売されています。

全体像 反対側から

「ドリンクカップ」の全体像です。

側面から

「ドリンクカップ」を側面から見た状態です。この状態で最厚部は約80mmとなっています。

裏側

「ドリンクカップ」の裏面です。テーブルにセットしたときにクリップがかち合わないようにくりぬかれています。

ホルダー部

「ドリンクカップ」のホルダー部分です。缶やカップをセットしても十分な深さがあるため安定しています

クリップ部

「ドリンクカップ」のクリップ部分です。この部分をテーブルやチェアの肘掛けなどにはさんで使用します。クリップの内側には薄くギザギザが付いているため簡単には外れません

奥行き

「ドリンクカップ」の奥行きは約163mmです。

幅

「ドリンクカップ」の幅は金具の凸部を除いて約85mmです。

先端からホルダーまで

 クリップ部の奥からホルダー部までの長さは約82mmです。

ホルダーの内径

 ドリンクホルダーの内径は約73mmです。350ml缶がぴったり収まるサイズになっています。ドリンクの代わりに小物を置くこともできます。スマホはiPhone8やPixel3などがケースごと収まります

取っ手用の切り込み

 ドリンクホルダーの先端には切れ込みがあるため、取っ手の付いたマグカップを載せることもできます。ただし、350ml缶と同径以下の小型のマグカップしか載せられません。

ホルダーの深さ

 ドリンクホルダーの深さは約37mmです。

クリップの開口幅

 クリップ部の開口幅は20~25mm程度です。分厚い天板のデスクには取り付けることができません。アウトドア用の薄い天板のテーブルであれば難なく取り付けできます。

チタンマグとの対比

 スノーピークのチタンマグ450のような大きなマグカップは使用できません。マグカップを載せる場合には予め径を確認しておく必要があります。約73mmよりも小さいかどうか測ってみてください。

スノーピークのチタンシングルマグは美しい上に質感も良くて大満足!
スノーピークのチタンシングルマグはチタンという金属の良さが活かされた至高のマグカップです。圧倒的な軽さと質感の良さに加えて、金属臭の少なさと金属の味があまり感じられないという利点があります。チタンシングルマグは本当に買って大正解といえるアイテムです!
スポンサーリンク

ダイソー「ドリンククリップ」のまとめ

 クリップ式ドリンクホルダーはキャンプやアウトドアで活躍するアイテムだと思います。

 自宅でもパソコンデスクや棚にセットして使用することができます。デスクにセットすれば卓上の作業スペースを上手く確保することができます。

 この製品を使ってみて思ったことを以下にまとめてみます。

「ドリンククリップ」の良い点

・ドリンクをセットすることで缶やカップを倒すことを防げる。
・残り少なくなった缶やカップが風で飛ばされない。
・アウトドアメーカーの同様の製品と比べて価格が安い

「ドリンククリップ」の悪い点

・クリップ部の厚みが薄くてペラペラ。
・バネが強く力を入れなければ上手く広げることができない。
・大きなサイズのマグカップが使用できない。

 

 クリップ式ドリンクホルダーは、ダイソーだけでなくセリアでも販売されています。ダイソーの製品もセリアの製品もカラー以外はほとんど同じです。ダイソーのカラーはグレーとブラウンです。それに対して、セリアはグレーとブラックだったと思います。

(2019年11月10日追記)セリアではグレーとブラック以外にアイボリーも販売されていることを確認しました。

 個人的にはグレーやブラックが好みですが、もっとポップなカラーも用意すると人気がでるように思います。市販品ではポップなカラーも販売されているようです。

ポールやテーブルの機能を拡張できるフッククリップが便利!
ダイソーやセリアで販売されている「フッククリップ」は、テントやタープのポールからテーブルの脚までさまざまな場所に取り付けて使用することができます。「フッククリップ」は、ランタンを吊したりゴミ袋を引っかけたりするときに活躍します。