売り切れ続出!ダイソーの新ルアー「メタルジグマイクロ」

metal-jig-microアウトドア
スポンサーリンク

 ダイソーの新しいルアーが2021年の5月頃から店頭に並んでいます。今度のルアーはメタルジグの小さなサイズになります。この製品は既存のメタルジグと異なり、アシストフックが取り付けられている点に大きな特徴があります。

 このような小さなメタルジグは、小型のアジやサバなどの青物からメバルやカサゴなどの根魚まで幅広く使えそうです。

 既に多くの釣り人の間で話題沸騰の製品です。入荷後すぐに売り切れるといったこともあるようです。実際に私が購入した時点では潤沢な在庫がありましたが、追加購入しようと数日後にお店に行ってみたところすべて売り切れていました。

スポンサーリンク

新しいメタルジグは回遊魚から根魚まで狙えそう

「メタルジグマイクロ3g」

ダイソーのメタルジグマイクロ3g

 こちらがダイソーの「メタルジグマイクロ」の「3g」版のパッケージになります。ボディにも「3g」と刻印されています。

 店頭の在庫を調べた限りでは、オレンジ(イエロー?)、シルバー、ブルーの3色展開のようです(ほかのカラーもある場合は後日追記します)。

ライトゲームに使える

 パッケージに記載された対象魚は、サバ、カマス、メッキ、メバル、カサゴとなっています。青物から根魚まで幅広い対象魚が記載されています。

パッケージ裏面

 ルアーの材質は、本体が配合金、針が炭素鋼とあります。製造国は中国です。

 使用方法にあるスナップはルアー用のものがダイソーで販売されています。詳しくは次のページをご覧ください。

【初心者必見】これは使える!本当に凄いダイソーの釣り具!
ダイソーで販売されている釣り具の中でも特に優秀な製品を紹介しています。専門店で販売されているものと同等の性能を誇るものもラインナップされていることがダイソーの強みかもしれません。

小さくて軽いメタルジグ

 メタルジグマイクロは、ダイソーで販売されている他のメタルジグと違ってアシストフックが装備されています。しかも、針が毛針のように装飾されています。

 針は前後ともに取り外して、別の製品と付け替えることもできそうです。

フックは前後にある

 こちらはシルバーカラーのメタルジグです。

3色のラインナップ

 メタルジグマイクロのカラーラインナップは、オレンジ、シルバー、ブルーの3色のようです。ブルーは5gサイズの項目で紹介しています。

 複数のカラーを用意して、時間帯や釣果によって使い分けると良さそうです。

サイズ

 実測サイズは、全長が約4.5cm、体長が約3.4cmです。

「メタルジグマイクロ5g」

ダイソーのメタルジグマイクロ5g

 そして、こちらが「5g」版のパッケージです。ボディに「5g」という刻印があります。右下の表示と色が「3g」版と異なります。

 「5g」版も、オレンジ、シルバー、ブルーの3色展開のようです。

一回り大きいサイズ

 対象魚は「3g」版と同じく、サバ、カマス、メッキ、メバル、アジ、カサゴとなっています。

 材質等は「3g」と同じです。

ブルーカラー

 こちらがブルーのメタルジグになります。「ジグロック」ではブルー×ピンクが大人気でしたが、「メタルジグマイクロ」のブルーも同じような人気になるのでしょうか。

 5gのものと3gのものを比べても同じデザインになっているようです。3gのものと見た目には変わりありません。

ブルーとオレンジの比較

 ブルーとオレンジを比較してみました。どちらのカラーもとても良さそうです。

 ただし、ダイソーのジグは地面を引きずると塗装が剥げてしまうことがあるため、水面から引き上げるときの取扱いに注意が必要です。

サイズ

 メタルジグマイクロ5gの実測サイズは、全長が約5.5cm、体長が約4cmとなっています。

「メタルジグマイクロ」の3gと5gの比較

3gと5gの比較

 上の二つが3g版で下の二つが5g版です。真ん中の二つはオレンジ色ですが、塗装が微妙に異なっているようです。もともと異なるデザインなのか塗りムラなのかは分かりません。

 しかし、どちらも110円(税込み)という価格を考えると、良くできているといえます。試してみる価値は十分にあると感じました。

 梅雨明け以降、釣りに行くことができれば試してみようと思います。

【初心者必見】これは使える!本当に凄いダイソーの釣り具!
ダイソーで販売されている釣り具の中でも特に優秀な製品を紹介しています。専門店で販売されているものと同等の性能を誇るものもラインナップされていることがダイソーの強みかもしれません。