iPhone SE/8/7の(PRODUCT) REDに似合うケース

プロダクトレッドにおすすめ電子機器・情報機器
スポンサーリンク

 TORRASのiPhone 8用のケースを使用しています。しかし、このケースは2年以上に渡って愛用し続けていたため経年劣化が激しく、ケース側面の塗装が剥がれてきました。

 同一の製品を買い直そうと思いアマゾンを検索してみたところ、同じメーカーから最新のiPhone SE(2020)に対応した新型ケースが発売されていることが分かり、両者を比較した上で新型ケースを選んでみました。

iPhone SE(2020)/8/7に最適な液晶保護ガラスフィルム
iPhoneのケース買い替えにあわせて、液晶保護ガラスフィルムも新しいものに取り替えました。液晶保護ガラスフィルムは、安物よりも1,000円から2,000円くらいの製品を使用するほうが、指の滑りも良くて操作性も明らかに高いです。

 新しいケースは以前のケースと見た目はほとんど同じですが、画面を下向きにして置いた際に液晶保護ガラスフィルムが机に接触しにくいように縁の厚みが増しているなど、いくつか改良されている点があります。

 ここでは新旧の製品を比較しながら簡単に見ていきます。なお、便宜上「新旧」と表現していますが、旧製品もまだ販売されています。

スポンサーリンク

「iPhone SE(2020)/8/7 (PRODUCT) RED」におすすめのケース

製品のパッケージと概要

TORRAS-iPhoneSE-CASE

 TORRASのケースはシンプルかつ爽やかなパッケージに入っています。

 TORRASの製品は家電量販店ではあまり見かけません。販路はネット通販が主体になっていると思われます。

パッケージ裏面の説明

 パッケージ裏面には英語、ドイツ語、日本語で簡単な説明が記載されています。

 また、このケースは、iPhone 7 / 8および新型iPhone SE(2020)に対応しているというシールが貼付されています。

同梱物一覧

 箱の中身は本体と小さなカードだけです。余計なものは入っていません。製品は中国製です。

 「素晴らしいたびにしよう」と書かれたカードの裏には「永久保証の申し込み(14日以内)」の簡単な説明とQRコードの記載があります。永久保証の申し込みには専用サイトにログインして個人情報を登録する必要があるようです。

 個人的にはむやみに個人情報を登録することは避けるべきと考えています。ケースはそれほど高いものではないためダメになったら買い替えましょう。

TORRAS「iPhone SE(2020)/8/7」用ケースのデザイン

ケース本体

 こちらがケース本体です。私が以前使用していたケースと見た目はほとんど同じです。

 写真だと若干分かりにくくなっていますが、実際にはとても光沢感があります。

カメラ用の穴

 旧製品との大きな違いは、カメラ部分の穴のサイズが大きくなっている点と、サイズがごくわずかではあるものの全体的に大きくなっている点です。

ボリュームボタン部

 ケースの左側面にはミュートボタンの穴と音量ボタンのカバーがあります。ミュートスイッチと音量は以前のケースと同様にスムーズに操作できます。

Lightningコネクタ部とスピーカー部

 ケースの底面にはライトニングケーブル用の穴とスピーカー用の穴が開けられています。

 ライトニングケーブルは一般的なサイズのものであれば問題なく挿さります。スピーカー用の穴は、古いケースはホール状の穴が両側に6つずつ開けられていたのに対して、こちらのケースは左右にひとつずつ楕円形の長い穴が開けられているという違いがあります。

電源ボタン部

 ケースの右側面には電源ボタンのカバーがあります。ボタンは以前のケースと同様に力を入れずに押すことができます。

ケース内側

 ケースの内側は小さなドット加工が施されており、iPhoneとケースがべったりとひっつかないように工夫が凝らされています。

ケース内側の曲面

 ケースは隅々まで点検しましたが、問題なく成形されています。

TARROS「iPhone SE(2020)/8/7」ケースの新旧比較

TORRASのiPhoneケース新旧比較

 上が新しく購入したケースで、下がこれまで使っていたケースです。このケースは長いあいだ使用していたために傷だらけになっています。

 ケースを地面に落とすと側面の赤い塗装が剥がれます。また、アルコールティッシュで拭いても塗装が剥がれてしまいます。

 ただ、ケースの塗装が剥がれてしまっても、見た目を気にしなければまだまだ使用できると思います。

カメラ部の比較

 パッと見た感じでは同じようなケースですが、カメラ穴の大きさが違っています。サイズも新しいほうがほんのわずかに大きいです。

ボリューム部の比較

 下が新しく購入したケースです。ケースの左側面の音量ボタンはどちらもほぼ同じ大きさと配置です。

スピーカー部の比較

 ケースの底面にはライトニングケーブル用の穴とスピーカー用の穴が開けられています。

 古いケースのほうは複数の穴が開けられていますが、iPhone 8のスピーカーの穴と完全にフィットするように作られていました。新しいほうは見慣れていないということもあってか違和感があります。

ケース厚みの比較

 ケース側面の光沢感は新旧で若干異なりますが、どちらもiPhoneのプロダクトレッドを引き立ててくれる良い色合いです。ただし、古いほうは経年劣化で色あせしていると思われます。

 旧製品のレビューはこちら↓

深紅のiPhone8に似合うケースとバンカーリング!
iPhone 8 (PRODUCT)RED Special Editionに合うケースを紹介します。深紅に染まるiPhoneを活かすためにはケースにこだわる必要があります。また、バンカーリングを併用すると操作性と携帯性が著しく向上します。

iPhone 8 (PRODUCT) REDを装着した状態

iPhone8に取り付けた状態

 iPhone 8を新しいケースに装着した状態です。赤いiPhoneに取り付けるとすごく映えて、深紅のiPhoneにはこのケースしかない思えるほどです。

ケースの縁

 iPhoneがぴったりと収まっています。光沢感がとても良いです。この写真が一番綺麗に撮れているかもしれません。

 なお、中央の白い線はただの埃で傷ではありません。笑

ケースの厚み

 液晶保護ガラスフィルムが取り付けられた状態を側面から見てみると、ガラス面がぎりぎり飛び出ないようになっています。

 前のケースはケースの縁の厚みが薄かったために、ガラス面が飛び出た状態になっていました。そのため、スマホの液晶画面を下に向けて勢いよく机に置いてしまうと、液晶保護ガラスフィルムがごく稀に割れてしまうということがありました。しかし、こちらの製品ではケースの縁が高いため、そうした問題は起こりにくくなっています。

 新旧で比較してみると、新しいケースのほうが幅、高さともに1mmを越えない程度にサイズが大きくなっているように感じられます。ケースの厚みは1mm程度厚くなっています。

 ケースだけを比較してもサイズ差はほぼ分からないと思います。けれども、古いほうを長いあいだ使って新しいケースに替えると、ごくわずかなサイズの変化であってもスマホが明らかに大きくなっているように感じられます。厚みが増した点は液晶保護ガラスフィルムを割れにくくするための改善と思えば十分に納得のいくものです。

 ここで紹介しているケースは、iPhone SE(2020)/8/7のプロダクトレッド製品の深紅のボディをもっとも引き立てくれるケースといえます。TORRASからはiPhone 11/Xs/XR用のケースも販売されているようです。

 とにかくスタイリッシュなケースが欲しいという方は、前から販売されているケース(私がこれまで使っていた製品)をおすすめいたします。それに対して、液晶保護ガラスフィルム部も保護したいという方は新しい製品(私が今回購入した製品)をおすすめいたします。

 ↑2020年3月頃から取扱いが開始された新しいモデル

 ↑2017年10月頃から取り扱われているスリムタイプ

深紅のiPhone8に似合うケースとバンカーリング!
iPhone 8 (PRODUCT)RED Special Editionに合うケースを紹介します。深紅に染まるiPhoneを活かすためにはケースにこだわる必要があります。また、バンカーリングを併用すると操作性と携帯性が著しく向上します。
iPhone SE(2020)/8/7に最適な液晶保護ガラスフィルム
iPhoneのケース買い替えにあわせて、液晶保護ガラスフィルムも新しいものに取り替えました。液晶保護ガラスフィルムは、安物よりも1,000円から2,000円くらいの製品を使用するほうが、指の滑りも良くて操作性も明らかに高いです。