電気工事士免状のプラスチックカード化の都道府県別対応状況

のの字曲げ(完成)DIY・工具
スポンサーリンク

 電気工事士の免状は令和4年度以降にプラスチックカードへ変更されます。免状を申請する前に、お住まいの自治体における免状プラスチックカード化の対応状況をご確認ください。

 新しい免状は、一般的なカードと同じサイズであるため、紙媒体と比べて劣化しにくくなるだけでなく、業務時に携行しやすくなります。

 このページには令和4年(2022年)10月1日現在の各都道府県における免状のプラスチックカード化の状況をまとめています。
スポンサーリンク

電気工事士免状のプラスチックカード化(令和4年10月1日版)

電気工事士法施行規則の一部改正と経過措置について

 第一種電気工事士と第二種電気工事士の免状、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証は、電気工事士法施行規則の一部改正によって、令和4年(2022年)4月1日より免状の様式がプラスチックカードへと順次変更されます。しかしながら、免状の様式の変更時期は都道府県ごとに異なります。

(参考)
電気工事士法施行規則の一部改正について(経済産業省)

 電気工事士法施行規則改正(令和4年4月1日施行)には、経過措置として「令和五年三月三十日までの間は、なお従前の例によることができる」という記載があります。つまり、来年度(2023年度)からプラスチックカードが交付されるようになる自治体もあるということです。現時点で対応を明らかにしていない自治体は、経過措置を利用してプラスチックカード化の開始時期を引き伸ばす可能性が濃厚と思われます。

 「免状が仕事ですぐに必要な方」や「認定電気工事従事者認定講習に申し込んでいる方」は免状の様式にかかわらず申請を行う必要がありますが、「DIYや趣味のために受験した方」はプラスチックカード化の対応状況を確認してから免状の申請時期を検討しても遅くありません。

 一例として、大阪府は「10月1日以降に免状発行手数料を納付」することでプラスチックカードの免状が交付されるようです。しかし、令和4年8月18日時点では、対応状況が明示されていない自治体のほうが多いというのが実情です。また、時期が示されていても「○月中を予定」「○月以降を予定」と記載されている場合は注意が必要です。担当部署に対して個別に問い合わせる必要があります。

 ここでは、第二種電気工事士の免状について、都道府県ごとの対応状況を簡単にまとめています。各都道府県の関連ページを閲覧していますが、見落としや確認ミスがあるかもしれません。また、プラスチックカード化の予定やその時期が変更されている可能性があります。そのため、記載ミスがあっても一切責任を負いかねます。関連ページへのリンクを用意していますので、詳細は各自でご確認ください。

都道府県別の対応状況(10月1日更新)

 都道府県の分類は八地方区分に基づきますが、北海道は東北と合わせて表記しています。

 表が横長で見にくくなっていますがご了承ください。表は横スクロールできます。

北海道・東北

 対応状況関連ページ(外部サイト)
北海道不明電気工事士免状交付申請書等のダウンロードについて
青森県不明申請書ダウンロード
岩手県不明第二種電気工事士免状交付申請案内(試験合格者用)
宮城県「令和4年4月1日以降も、引き続き紙免状で交付」
「電気工事士法施行規則改正(令和4年4月1日施行)
の経過措置(最長で令和5年3月30日まで)を適用」
第二種電気工事士免状交付申請
秋田県令和5年1月1日申請分から電気工事士免状を
プラスチックカードで発行」
電気工事士免状がプラスチックカード化されます
山形県不明申請書ダウンロード
福島県不明電気工事士免状の交付申請手続について

関東(10月1日更新)

 対応状況関連ページ(外部サイト)
○茨城県令和4年8月1日(月曜日)交付分から
プラスチックカードにて交付」
電気工事士法に基づく各種手続き
○栃木県令和4年4月1日以降の申請受け付け分から
これまで紙で交付していた免状がプラスチックカードに変更」
電気工事士の免状関係申請手続き
群馬県不明
「電気工事士免状のプラスチックカード化への
切り替えにつきまして、群馬県では現在ところ未定」
(8月31日時点)
電気工事士免状交付申請
埼玉県「現在未定」
「令和5年3月30日までには切り替える」
埼玉県電気工事工業組合からのお知らせ
○千葉県「プラスチックカードで交付を希望する場合」
(申請書に注意記載あり)
電気工事士免状の書換え申請について
○東京都8月1日以降に発行する免状から
プラスチックカードになります」
電気工事士免状交付手続き
○神奈川県令和4年4月1日以降の電気工事士免状が
プラスチックカード化」
電気工事士免状がプラスチックカードによる交付に変更となります

中部(10月1日更新)

 対応状況関連ページ(外部サイト)
新潟県不明電気工事士免状再交付申請書
○富山県令和4年5月受付分より電気工事士免状は
プラスチックカードにて交付」
第二種電気工事士の免状交付申請
○石川県令和4年4月1日から一部変更になります
・電気工事士免状が紙からプラスチックカード
に変更になります」
電気工事士免状
○福井県令和4年7月1日の受付(※)分より
電気工事士免状の発行(新規・再交付・書換え)は、
従来の紙製からプラスチックカード製へ変更」
「※申請書類が到着した日」
電気工事士免状の交付手続き
山梨県不明
「プラスチックカードへの移行時期につきましては、
山梨県にて現在検討中です」
電気工事士免状交付申請
長野県不明「免状のプラスチックカード化は
令和5年(2023年)4月1日からの予定
電気工事士免状の申請手続き
○岐阜県令和4年10月1日(土曜日)以降第二種電気工事士免状交付申請
静岡県不明電気工事士免状申請書類
○愛知県令和4年秋頃を目途に準備」
「令和4年8月24日(水曜日)交付分から移行」
電気工事士免状の交付・電気工事業の登録の御案内

近畿(10月1日更新)

 対応状況関連ページ(外部サイト)
○三重県令和4年度中に免状が紙から
プラスチックカードに変更します。
スケジュール等の詳細がきまり次第、
このページでお知らせします」
(令和4年8月15日閲覧)
「令和4年8月より、免状を紙から
プラスチックカードへ変更しました」
電気工事士免状の交付等申請について
○滋賀県令和4年7月1日受付分より、第一種電気工事士免状
および第二種電気工事士免状(新規、再交付、書換え)
の交付をプラスチックカードに切り替え」
【電気工事】 関係の申請書
○京都府令和4年7月1日から、電気工事士免状のプラスチック化」「電気工事士」の免状に関する手続き
○大阪府「大阪府では、10月1日以降に免状発行手数料を納付
(電子申請においては電子申請完了時点、
コンビニ納付においては大阪府コンビニ等納付サービスの申込時点)
した方は免状がプラスチックカードでの発行」
電気に関する申請
○兵庫県令和4年7月発行分から紙による交付から
プラスチックカードによる交付に変わる予定」
電気工事士
○奈良県令和4年10月1日以降に電気工事士免状交付申請
のあった者については、プラスチックカードで交付」
電気工事士免状申請について
和歌山県不明電気工事士免状関係

中国(10月1日更新)

 対応状況関連ページ(外部サイト)
△鳥取県不明
「免状のプラスチックカード化に伴い、令和4年7月1日
から【書換え】に係る申請手数料額が変更」
第一種・第二種電気工事士免状の交付等の申請
○島根県令和4年8月中(予定)に電気工事士免状を
プラスチックカードで発行」
令和4年9月1日以降に受理した申請分から
電気工事士免状をプラスチックカードで発行」
電気工事士について
岡山県不明電気工事士・電気工事業関係様式
広島県不明電気工事士に関する申請
山口県不明産業資源班・電気工事士、電気工事業についてのご案内

四国

 対応状況関連ページ(外部サイト)
徳島県不明電気工事士免状の交付申請等について
○香川県「電気工事士免状がプラスチックになりました」電気工事士免状書換申請
愛媛県不明第二種電気工事士免状交付申請書
高知県不明第二種電気工事士免状の交付申請について

九州・沖縄(10月1日更新)

 対応状況関連ページ(外部サイト)
○福岡県令和4年8月1日の申請受付分より
電気工事士法施行規則に基づき、
第一種及び第二種電気工事士免状を
プラスチックカードでの発行を開始する予定」
電気工事士免状について
○佐賀県令和4年6月1日交付分から
電気工事士免状をプラスチックカードに変更」
電気工事士になるには(郵送での申請に御協力ください)
長崎県不明電気工事士免状の交付申請
○熊本県不明
2022年10月1日から第一種電気工事士免状、
第二種電気工事士免状をご申請される場合は、
従来の免状形式からカード形式の免状へと変更」
電気工事士免状交付(新規、再交付、書換)申請窓口の変更について
熊本県では、10/1から電気工事士免状がカード化になります。
○大分県令和4年8月1日の受付(※)分より
電気工事士免状の発行(新規・再交付・書換え)は、
これまでの紙製からプラスチックカード製に変更」
「※申請書類が到着した日が受付日」
電気工事士免状に関する手続き
宮崎県不明電気工事士:第二種電気工事士免状交付申請
鹿児島県不明電気工事士免状交付申請書
沖縄県不明電気工事士免状の申請先について

以上

 詳細は各都道府県における電気工事士の免状に関連するページをご覧ください。

(必見)電材等の価格改定について(大幅値上げ?!)

 2022年10月1日よりパナソニックは、配線器具、電路機器、配管機材、システム機器、パワーツール、エネルギーシステムなどの商品群から約1万6,000品の値上げを予定しています。

 また、東芝(東芝ライテック)も、10月1日より電材の値上げが予定されています。

 対象商品及び価格改定率は、下記の告知ページに記載されています。それを見るとほとんどの商品の価格が大幅に引き上げられる見込みです。免状取得後にDIYを行う予定のある方は今のうちに必要な電材を購入しておくとよいかもしれません。

(参考)
2022年10月 価格改定のお知らせ(パナソニック公式サイト)
電設資材 価格改定のお知らせ(東芝ライテック公式サイト)

第二種電気工事士の資格取得にかかる費用は約5万円
【2022年(令和4年)】第二種電気工事士の資格取得にかかる費用について説明しています。筆記試験と技能試験の試験会場がどこになるかについて気になる方も必見です。(誤字脱字修正&追記しました)
充電式の電動ドライバーがあるとDIYが捗ります!
マキタのインパクトドライバ「TD171DRGX」を購入しました。上位モデルだけあって、性能も質感も高く、十分に満足のいく製品でした。ここでは製品の特徴や使用感などをまとめています。
マキタの125mm充電式防塵丸ノコ「KS511DZ」はDIYに最適!
マキタの丸ノコをインパクトドライバーと一緒に導入しました。125mmサイズの充電式防じんマルノコは、使い勝手が抜群に良くて、木くずの集塵能力も驚くほど高いという特徴があります。室内でDIYをしている方に特におすすめです。