大人気!ダイソーのマルセイユソープ&マルセイユ石けん!

100均で買えるマルセイユ石けん日常生活
スポンサーリンク

 マルセイユ石けんは100円ショップのダイソーでも販売されています。2018年頃にはSNS上で話題になっていたようです。

 当時どこかのお店で見たことがあるような気がして、用事で外出した際にダイソーの大型店に寄ってみたところ、2022年3月時点でも普通に販売されていることを確認しました。

 今更ではありますが、いくつか試してみることにしました。

ダイソーのマルセイユソープ・マルセイユ石けん(全8種)

ダイソーのマルセイユ石鹸

 ダイソーのマルセイユ石けんは店頭で8種類確認することができました。石けんは「サボネリー・ドゥ・ミディ(Savonnerie du Midi)」社によって製造されています。

 当初はオリーブ、ローズ、ジャスミン、ハニーの4種類だったようですが、その後、ハニーサックル、スウィートアーモンド、ラベンダー、グレープフルーツの4種類が追加されたようです。香りはいずれの石けんもかなり強いです。

 全種類購入しようか迷ったのですが、まずは定番のオリーブ、そして旧作と新作の中からジャスミン、グレープフルーツ、ラベンダーの三つを選びました。

 オリーブとラベンダー以外は、厳密にはサボンドマルセイユ(マルセイユ石けん)を名乗ることができず、パッケージにはマルセイユソープと表記されています。そのため、マルセイユ石けんが欲しい方はオリーブかラベンダーを選んでください。ただし、香料の入っていないオリーブは独特の香りで、臭いと感じる方がほとんどだと思います。他のオリーブのマルセイユ石けんも同様です。

パッケージがオシャレすぎるギリシャ製オリーブオイル石けん
ボディソープが少なくなってきたので今度は無添加のオリーブオイル石けんを試してみることにしました。オリーブオイルソープは独特の匂いがするものの、洗い上がりはしっとり感もあって今のところなかなか良い感じです。

 ところで、TNN豊中報道。2さんの「100均のダイソーで人気のマルセイユ石鹸!販売元は豊中のアノ会社!?/ダイソーに卸すことになったキッカケや従来品との成分の違いを聞いてきた!」という記事(2020年11月25日)に、ダイソーのマルセイユ石けんの誕生秘話が紹介されています。知りたいことが丁寧にまとめられているのでダイソーのマルセイユ石けんについて気になる方はぜひ読んでみてください。

 簡単にまとめると、石けんは、サボネリー・デュ・ミディ社によって伝統的な釜炊き製法(釜炊きけん化法)で作られています。また、従来の成分と同様であるにもかかわらず、大量生産することで販売価格が抑えられているということです。

 サボネリー・デュ・ミディ社については、以下の記事にも詳しく記載されています。

フローラルな香りが漂うマルセイユ石けん
石けんがなくなってきたので新しいものを用意しました。今回は自然派石けんとして有名なマルセイユ石けんを試してみることにしました。この石けんは、伝統的な製法で作られたフランス製の石けんで、とても良い香りがします。

ジャスミン

ジャスミン

 鮮やかなグリーンの石けんからはジャスミンの香りが漂います。

 石けんではあまりない見かけい香りですが、確かにジャスミン茶を淹れたときのような匂いがします。一度試してみるのもありだと思います。

フランス製

 販売名は「マルセイユソープD」となっています。こちらは正式にはマルセイユ石けんとは言えず、フレグランスソープのようです。

 製品はフランス製です。サボネリー・デュ・ミディ社が製造しています。販売元はダイショートレーディング株式会社です。

 全成分はパーム脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、水、香料、パーム核脂肪酸、グリセリン、塩化Na、EDTA-4Na、エチドロン酸4Na、酸化クロム、安息香酸Naです。

 重量はいずれの石けんも100gです。これは一般的なソープディッシュに収るサイズです。

グレープフルーツ

グレープフルーツ

 ピンク色はグレープフルーツの香りです。

 

詳細

 販売名は「マルセイユソープD」となっています。

 全成分はパーム脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、水、香料、パーム核脂肪酸、グリセリン、塩化Na、EDTA-4Na、エチドロン酸4Na、黄4、赤226です。

 グレープフルーツの成分はジャスミンと比べると香料のあたりが少し違っているようです。

ラベンダー

ラベンダー

 パープルの石けんはラベンダーの香りです。これはよく見かけるラベンダーのポプリと同じような香りです。

 昨年(2021年)からラベンダーを育てていますが、ラベンダー油が成分に含まれているだけあって、割と本物に似たような香りになっているのではないでしょうか。個人的に石けんとしてはとても良い香りだと思います。

詳細

 ラベンダーのほうは販売名がジャスミンやグレープフルーツと違って「サボンドマルセイユD」となっています。こちらは「マルセイユ石けん」を名乗れるということになります。新しく追加された4種類の中ではラベンダーのみが「サボンドマルセイユ」となっているようです。

 こちらの石けんの全成分は、パーム脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、水、パーム核脂肪酸、ヒマシ油、グリセリン、塩化Na、ラバンデュラハイブリダ油、グンジョウ、EDTA-4Na、エチドロン酸4Na、ラベンダー油、赤226となっています。

 ラベンダーの成分をよく見るとジャスミンと一部を除いて違っています。

オリーブ

オリーブ

 この独特の色合いはオリーブです。

 お世辞にも良い香りとはいえません。マルセイユ石けんを知らない方が匂いを嗅ぐと間違いなく「何この石けん! 臭い!」と言いそうです。でも、これはそういう香りです。

詳細

 販売名はラベンダーと同じく「サボンドマルセイユD」となっています。

 全成分はオリーブ脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、水、塩化Na、安息香酸Naとなっています。他の石けんと成分が異なります。

すべての香りを試してみたい

全8種ダイソーのマルセイユソープ

 8種類もあるとどれにしようか迷ってしまいますね。マルセイユ石けんが欲しいという方は「オリーブ」か「ラベンダー」を選ぶと良さそうです。

 こういう石けんは芳香剤の代わりにクローゼットに置いておくといった使い方もできそうですね。

 ところで、ダイソーのマルセイユ石けんはどこに売っているのでしょうか? 小さな店舗では一度も見かけたことがありません。大型店なら置いてあるかもしれません。ダイソーに行ったらバス用品のコーナーを確認してみてください。

 お近くのお店にない場合は店頭で注文するか、もしくはダイソーの公式通販ダイソーネットストアを利用することもできますよ。

フローラルな香りが漂うマルセイユ石けん
石けんがなくなってきたので新しいものを用意しました。今回は自然派石けんとして有名なマルセイユ石けんを試してみることにしました。この石けんは、伝統的な製法で作られたフランス製の石けんで、とても良い香りがします。
パッケージがオシャレすぎるギリシャ製オリーブオイル石けん
ボディソープが少なくなってきたので今度は無添加のオリーブオイル石けんを試してみることにしました。オリーブオイルソープは独特の匂いがするものの、洗い上がりはしっとり感もあって今のところなかなか良い感じです。
セリアのソープディッシュはシンプルデザインで清潔感あり!
石けんを入れるお皿を新しいものにしました。シンプルなデザインの製品を選ぶことで、ごちゃごちゃ感を減らして清潔感や統一感をアップさせることができます。セリアの製品がシンプルでとてもおすすめです。
爽やかな香りでベタつかないロクシタンのハンドクリーム
ロクシタンの「ヴァーベナ」シリーズのハンドクリームは、爽快感のある香りであるとともに、ベタつかずサラッとした手触りになるため、シーンを選ばずに使用することができます。スマホやキーボードを操作していても不快感がありません。