キッチンのワークトップに付いた水垢汚れは簡単に落ちる

ワークトップに輝きが戻る日常生活・生活用品
スポンサーリンク

 キッチンの水切りかごを新しいものに取替えるときに、トレーを置いていた部分に水垢が付いていることに気づきました。

 そこで水垢汚れを短時間で綺麗にすることができるかどうか試してみました。

キッチンのワークトップに付着した水垢汚れは簡単に落ちる

キッチン天板の水垢汚れ

 水切りかごを新しいものと交換するとき、キッチン天板の水垢汚れが気になりました。白い汚れが固着しており、布巾で擦ってもまったく取れませんでした。

白くこびり付いた水垢汚れ

 こちらが汚れを拡大した写真です。白い汚れが天板にこびり付いています。これは水垢汚れです。

 水垢は水の中に含まれるミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)が固着したもののようです。

100均のクエン酸スプレー

 水垢汚れには「クエン酸」が最適です。クエン酸は電気ポットの洗浄にも用いられているためご存じの方も多いのではないでしょうか。

 最近ではダイソーやセリアなどの100円ショップでも色々な洗浄剤が販売されるようになっています。しかも、いずれの製品も使いやすいようにスプレーボトルに入っています。

 こういった洗浄剤は、テレビで紹介されて注目されることが何度もあります。「アルカリ電解水(アルカリ性)」「セスキ炭酸ソーダ(アルカリ性)」「オキシクリーン(アルカリ性)」はその代表格かもしれません。

 他にも、100円ショップでは「重曹(アルカリ性)」「クエン酸(酸性)」「過炭酸ナトリウム(アルカリ性)」などが販売されています。それぞれの洗浄液には得意分野があり、油汚れに適したものもあれば水垢汚れに適したものもあります。そうした特性を理解した上で使用するとより効果的です。

 このような洗浄液はph(ペーハー)が酸性よりのものからアルカリ性よりのものまで様々です。強酸性や強アルカリ性の液体は、手に付着すると手荒れ等の原因になりますので、使用の際はゴム手袋を着用することが大切です。
 また、洗浄液はまぜると危険なものが多いため注意が必要です。洗浄液は原則的に単独で使いましょう。

 余談ですが、最近では「ペーハー」とドイツ語読みせずに、「ピーエイチ」や「ピーエッチ」と英語読みするほうが主流になってきているようですね。経緯は色々あるようですが、なんにせよ時代の変化を感じます。

クエン酸を吹きかける

 「クエン酸」のスプレーを水垢に吹きかけます。スプレーは水垢全体にかかるようにします。

拭き取るだけで綺麗に

 水垢はウエスで擦りながら拭き上げていくだけでもかなり取れます。一度拭いただけでもかなり汚れが落ちていることが分かります。

 水垢が固着している場合は、スプレー後にキッチンペーパーを被せて、しばらく放置しておくとよいかもしません。

同じ作業を繰り返す

 天板にこびり付いた水垢汚れを落とすためには、繰り返しの作業が必要になります。

頑固な水垢も短時間で落ちる

 新しいキッチンラックを設置する直前だったため、掃除に時間をかけることはできませんでしたが、それでも最初の汚れと比較するとかなり綺麗になっていることが分かります。たった二回でこの状態まで綺麗することができました。

 ここまでくると少し離れただけで汚れていることが分からなくなります。

ワークトップに輝きが戻る

 少しの手間でキッチンのワークトップがぴかぴかになりました。水切りトレーの下は普段の掃除で見逃しがちになりますので、皆様も確認してみてはいかがでしょうか。

 キッチンが綺麗になると気持ちも晴れやかになりますね。

 

ニトリの「スライド水切りラック」は清潔感のある白色が素敵
キッチンの水切りカゴを新しいものに取替えました。慣れるまで数日かかりましたが、こちらの製品にして良かったと思っています。新しいものに変えると本当にスッキリしますね。
使いやすくて熱湯消毒もできるニトリの「やわらかシートまな板」
耐熱温度は100℃、食洗機対応、そして日本製というニトリの「やわらかシートまな板」。このまな板を水切りラックと合わせて購入しました。やわらかとありますが、ペラペラすぎないところがとても使いやすいです。
キッチンの水切りラックに「包丁用水切り」を付けると快適になる
新しく購入した食器用の水切りラックに100均の「包丁用水切り」を追加しました。おかげで包丁の使い勝手が格段に向上しました。これは一度試してみて損はないと思います。