ホーザン「合格クリップ」は圧着作業の効率化に不可欠なツール

結線するときに大活躍DIY・工具
スポンサーリンク

 ホーザンの「合格クリップ(P-926)」は、結線をする前に仮留めすることができる優れものです。結線や圧着のミスがあると修正に手間取って時間を大きくロスしてしまいます。

 電線を仮留めして誤接続がないかどうかを確認してから、リングスリーブによる圧着を行うことで致命的なミスを防げます。

 また、芯線3本以上の結線では被覆の位置を上手く揃えることができます。結線作業の効率が大幅に向上します。しかも、これは第二種電気工事士試験の技能試験にも持ち込んで使用することが可能です。ただし、この製品はあくまでも試験対策品であって実務で使うことはないと思います。

 同じくホーザンから出ている合格マルチツールもおすすめです。これらは効率化と時短には欠かせません。併せて手に入れておきたい製品です。これら二つのアイテムは超絶便利です! 芯線をカットするときに長さがはかれる合格ゲージもあります。

ホーザン「合格マルチツール」は技能試験の合格に役立つ神ツール
ホーザンの「DK-200(合格マルチツール)」はひとつでいくつもの役割を果たしてくれます。これがひとつあるだけで技能試験の作業が大幅に効率アップします。時短&効率化を考えている方は導入を検討してください。
ホーザン「合格ゲージ」は芯線被覆の剥離と芯線の微調整に便利
ホーザンの「合格ゲージ(P-925)」は電気工事士の技能試験に使える便利なツールです。これはVVFストリッパーに取り付けることで、芯線の切断および芯線被覆の剥離における長さの測定作業が簡略化できます。
スポンサーリンク

ホーザンの「合格クリップ(P-926)」は想像以上に便利なアイテムだった

ホーザン「合格クリップ(P-926)」

ホーザンの合格クリップ

 ホーザンの「合格クリップ(P-926)」は、ご覧のとおり単純構造のクリップです。両端を摘まんで中央の空間に複数の電線を挟むことで結線前に仮留めすることができます。

 それによって誤結線でないかどうかを圧着する前にチェックすることができます。また、芯線被覆の位置を微調整することができます。それから、リングスリーブを芯線に被せるときに、芯線がばらけたりズレたりすることを防げます。

 実際に使ってみる前まではこんなクリップが1本あってもなくても作業効率は変わらないだろうと思っていました。しかし、実際に使用してみると思いのほか便利なアイテムであることが分かりました。皆の評価がひじょうに高い理由も頷けます。

 ですが、合格クリップはVVFケーブル1.6mm×2本の結線ではそれほど有用さを感じません。この製品の真価は3本以上の結線において発揮されるといえます。

仮留めすることで位置を調節して誤接続も防げる

微調整も簡単

 合格クリップは3本以上の電線をまとめるときに大変有用であるといえます。

 合格クリップなしで3本以上の電線をまとめようとすると、被覆の位置を揃えられなかったり、電線が1本だけ下がってしまったりと思うようにいかないことがあります。技能試験の練習は何度も繰り返すことになりますが、そのときにイライラする代表的な要因になってしまいます。時間もかなりロスします。

 合格クリップは単純な構造ではあるものの電線をしっかりと保持してくれます。これを3~4個使ってリングスリーブによる圧着作業の前に接続を確認することができます。

 この製品は1個だけでも十分に使えます。圧着する箇所だけ合格クリップで仮留めして、圧着が終わったら次の箇所を仮留めするという方法です。むしろ個人的にはこちらの使い方をおすすめしたいです。

ホーザンによる「合格クリップ(P-926)」の使い方

 こちらはホーザンが合格クリップの使い方を解説している動画です。

 複数の合格クリップがあると仮接続した上で、結線の間違いないかどうかを確認してから圧着作業に移ることができます。それによって、誤結線や圧着ミスを減らすことが可能です。

 結線ミスが多いという方は合格クリップを導入してみてはいかがでしょうか。

「合格クリップ(P-926)」はひとつあるだけで効率

ホーザンの電材セットにも付属

 合格クリップは単独でも購入可能ですが、ホーザンの電材セットの中にも含まれています。技能試験のために電材セットを購入予定の方は、ホーザンの電材セットを選ぶと良いかもしれません。この電材セットの中には合格クリップが5個も付属しています。

 単体では10個入りで販売されていますが、そちらは同僚や友だちと分けることもできますね。この他にも工具とセットになっているものが多数販売されているようです。

第二種電気工事士の筆記試験は効率よく勉強して合格しよう
第二種電気工事士の筆記試験について、合格した経験に基づいて試験対策についてまとめています。筆記試験は出題内容をしっかり理解した上で、過去問を数回繰り返して解くことで合格可能です。
第二種電気工事士の資格取得にかかる費用は約5万円
【2022年(令和4年)】第二種電気工事士の資格取得にかかる費用について説明しています。筆記試験と技能試験の試験会場がどこになるかについて気になる方も必見です。(誤字脱字修正&追記しました)
ロブスターのミニ圧着工具「AK17MA2」
ロブスターのミニ圧着工具「AK17MA2」を購入しました。「中」までの刻印ができるミニ圧着工具の中ではお手頃価格ですが、JIS規格にも対応しており、日本製で作りもしっかりしています。
ホーザンのVVFストリッパーP-958は電気工事士技能試験の定番!
ホーザンのVVFストリッパーを購入しました。この製品は電気工事士技能試験の定番の工具となっているようです。このVVFストリッパーを実際に使用してみるとひじょうに使いやすくて、多くの方に高く評価されていることも頷けます。