アムステルダムの安宿インターナショナルバジェットホステル!

バジェットホステルの入り口オランダ

 アムステルダムはパリと並んでホテルの宿泊料が高いことで有名です。アムステルダムのホテルは、夏休み期間やチューリップの開花時期に価格が高騰し、満室が相次ぎます。

 個人でアムステルダムに宿泊する際には、宿を早い目に抑えることをおすすめします。ホテルの部屋は、中心部に近くてお手頃価格のところから埋まっていきます。

 出発時の間近でも探せばマシなところが見つかることもあります。私も出発直前に予約しました。このページでは私が実際に宿泊したホステルをご紹介します。

スポンサーリンク

アムステルダムのホテルはとにかく高い!

アムステルダムのホテル

 アムステルダムは、世界有数の観光地であり、世界中からたくさんの旅行客が訪れています。市街地から郊外までいたるところにホテルがあります。

 そうはいうものの、実際のところ繁忙期の宿泊料はかなり高いという難点があります。私の感覚的にはパリと同じくらい高い相場だと思います。当然のことながら立地の良い有名ホテルはきわめて高価です。さらに多数の旅行者が訪れるハイシーズンともなれば、どこのホテル(ホステルでさえも)も価格がグッと上がります。

スポンサーリンク

インターナショナルバジェットホステル

バジェットホステルの入り口

 私が宿泊したホステルは「インターナショナルバジェットホステル」です。私の場合、出発日が近づいてからホテルを探し始めたため、良さそうなホテルはどこも満室でした。アムステルダム郊外で探せば、安くて良いホテルもあったのですが、観光のことを考えて市街地のホステルに決めました。到着日は普通のホテルでゆっくり羽を伸ばしたかったのですが、立地と価格を考慮した結果ホステルにしました。

 次の日に美術館に行く予定があったため、美術館周辺を中心にホステルを探しました。最初は個室のあるホテルを探していましたが、ホテルはあまりい高かったので諦めました。

お宿の情報

名称インターナショナルバジェットホステル(International Budget Hostel)
利用日2018年8月~9月頃
予約サイトエクスペディア
宿泊時の料金一泊40ユーロ(日本円で約5,000円)
宿泊時の部屋共同ドミトリー、共同バスルーム、シングル二段ベッド
評価立地:★★★★☆満足
部屋:★★★☆☆普通
価格:★★★★★満足
総合★★★★☆良い
部屋の種類数種類の共同ドミトリー部屋が用意されています。
Wi-Fi無料Wi-Fiあり(室内でも使用できました)。
その他要デポジット(15ユーロ)
ロッカーバックパックを入れられるロッカーがあります。スーツケースは入りません。施錠には南京錠が必要です。小さすぎる南京錠は使えません。
スポンサーリンク

ホステルの地図とアクセス

 このホステルは、ライツェ広場のすぐ近くにあります。ライツェ広場まで徒歩4~5分程度です。また、一般的な成人であれば、アムステルダム国立美術館やゴッホ美術館まで歩いて行くことができます。

 ホステルまでの道程は、ごく普通の道を通って行くことができるため、治安の面でも大きな不安はないと思います。日が暮れてからも何度か行き来しましたが、不安を感じることはありませんでした。

スポンサーリンク

宿泊した感想

 ライツェ広場からホステルまでは、ほとんど迷うことなく到着することができました。ホステルの看板も見やすい字で表示されているため、近くまで来るとすぐにわかります。

 玄関の扉を開けると、すぐに階段があり上がって右手に受付があります。受付は予約票を見せると、ひじょうにスムーズにチェックインができました。キーデポジットとして、受付時に現金で15ユーロを預けました。受付には無料の地図がありますので、必ずもらいましょう。

 受付ではジュースやお菓子などを購入することもできます。階段付近に自動販売機もありました。

ベッドルーム

 こちらの部屋が私の宿泊した部屋になります。ベッドが詰めて置かれている感じです。

 ドアを開けてベッドルームに行く前に洗面所とシャワールームがあります。洗面所にはハンドソープが備え付けられています。シャンプーとリンスはなかったと思います。洗面所もシャワーも清潔感がありました。

自分のベッド

 私のベッドです。シーツや布団には特に問題はありませんでした。ただ、夜は少し寒くなるため、寒がりの私はブランケットや毛布などが欲しいと思いました。あとは各ベッドにカーテンが欲しいところです。

 部屋にコンセントがありますが、各ベッドサイドにはありませんでした。横にコンセントがあるベッドから埋まっているようでした。

備え付けのロッカー

 部屋にロッカーが設置されています。比較的大きめのロッカーのため、大きめのバックパックでも十分入ります。鍵は自分で持ってきた南京錠をつける必要があります。

窓からの景色

 私が泊まった部屋には一応窓がありました。景色もオランダらしい景観で悪くありませんでした。

ホステルの前の運河

 ホステルの前は運河があります。観光船が時々通るのでぼーっと眺めているだけでも楽しいです。このホステルは静かなところにあるため、騒がしさを感じることは特にありませんでした。

ライツェ広場

 ホステルからライツェ広場まで歩いていけます。歩いて5分程度です。バジェットホステルは、アムステルダム南部を中心に観光するには良い立地だと思います。

 翌日、私はアムステルダム国立美術館とゴッホ美術館に歩いて向かいました。ちょっと散歩をしているような感じで美術館まで行くことができます。経路は上に掲載している地図を見ていただければお分かりになるとおり単純明快です。

 インターナショナルバジェットホステルは、立地や価格の面から見ると本当におすすめできるホステルです。

 なお、美術館の見どころは下記のページに詳しく掲載しています。ぜひご覧ください。

超簡単!アムステルダム国立美術館のチケットを予約する方法!
この記事では、アムステルダム国立美術館のチケットを日本で事前に買う方法と美術館への行き方および美術館の見所をお伝えしています。チケットの買い方は2019年9月対応で最新の内容が反映されています。オランダを観光される方に必見の内容です。
ゴッホ美術館の開館時間と所要時間およびチケットの予約方法
ゴッホ美術館の開館時間、荷物預かり所、所要時間、チケットの予約・購入の方法、お土産、そしてゴッホ作品の魅力について写真とともに紹介しています。