ベッドサイドで使える小型で安価なクリップライト!

クリップライト本体日常生活・生活用品

 どこでも使えるELPAの小型クリップライトを購入しました。ベッドサイドで読書に使えるクリップライトを探していたのですが、ぴったりのものが見つかりました。

クリップライト

 このクリップライトのシンプルで無骨なデザインも気に入っています。また、外装はマット感のある黒色であるためとても落ち着いた印象を受けます。

スポンサーリンク

製品の概要

 製品の概要です。

製品の仕様

メーカーELPA(朝日電気株式会社)
型番SPOT-CR40
ブラックまたはシルバー
生産国台湾
材質反射板→アルミ、クリップ→鉄
サイズ

高さ 約150mm

幅(ランプシェードの開放部分からコードの付け根のあたりまで) 約90mm

奥行き(ランプシェードの直径) 約70mm

重量約290g
はさみ幅約20mm~25mm
電源コード約150cm
口金サイズE17
定格電圧AC100V 50/60Hz
定格消費電力40w
生産年2018年製(2019年2月購入)
その他PSEマーク有り

クリップライトの説明

ELPA製品ページ

商品パッケージ

クリップライト クリップライト

 製品はコンパクトに収められています。アマゾンの商品紹介ページに掲載されているパッケージと異なりますが中身は同じものです。

クリップライトの保証書

 保証書は念のために保管しておきましょう。

クリップライト本体

クリップライト本体 クリップライト本体

 掌に載るようなサイズ感です。デザインも悪くありません。余計なものを削ぎ落とした無骨さが逆にオシャレな印象を受けます。

クリップ部分

クリップ部分

 クリップを開閉する部分には指に合う窪みが設けられています。そのため、それほど力をかけずに簡単にクリップを開閉することができます。クリップの挟む力は、指を挟んでもみても耐えられる程度の強さです。

 床や机において使用することはできません。クリップ式のライトのため、何かに挟んで固定する必要があります。

クリップ部分

 クリップは25mm以上開くことができますが、クリップの上下部分が平行になる限界が25mmとなっています。分厚い板を使用している棚や机には取り付けられません。

クリップ部分

 クリップには上下ともに凹凸の付いたゴムが貼られています。木や金属の棚板を挟んでもサイズが合っていればずれることはないと思われます。

スイッチ部分

スイッチ

 中間スイッチはダイヤルを回すだけの単純なものです。幅は約35mm、高さは最長部で約22mm、厚みは約15mmとなっています。

 中間スイッチはランプシェード(カサ)の部分から約30cmの箇所にあります。使い方によってはコンセント部分にスイッチをつけて使用する方が使いやすいかもしれませんね。

 スイッチの形状は昔の電気スタンドによく採用されていた古めかしいものです。こういうパーツを用いることで大幅なコストダウンを図っているのではないでしょうか。スイッチの使用感は悪くありません。

ライトの角度調整

調整ネジランプシェード

 ランプシェードの角度はネジを緩めて調整することができます。左右にある大型のネジを回すだけです。ドライバーは不要です。ただし、ネジを強く締めていても、手でランプシェードの向きを変えることができます。

クリップ部分の回転

 クリップ上部の金具を動かすと、クリップを左右に調整することができます。

クリップ部分の回転 クリップ部分の回転

 調整次第ではさまざまな場所に設置することができるでしょう。

付属のミニレフランプの光量

ミニレフランプ球 ミニレフランプ球 ミニレフランプ球

 クリップライトに付属しているミニレフランプは40wのものです。触れないほどに熱くなりますので注意が必要です。明るさはそれなりです。クリップライトですので部屋全体を明るく照らすことはできません。あくまでも間接照明やスポットライトとして使用することになります。

市販の電球への交換

ミニクリプトン球

 付属のミニレフランプ球は評判があまり良くないようです。おまけ程度に考えておいた方がいいのかもしれませんね。

 40wも必要ないという方は、25wの電球に交換しましょう。私はオーム電気のミニクリプトン電球25w型(省エネタイプ)を購入しました。手元をちょっと照らす程度であれば25wタイプの電球でも十分です。

ミニクリプトン球

 電球は玉の部分が小さなものを選ばないと、ランプシェードの部分からはみ出してしまいます。この電球はランプシェードの縁とぴったりのサイズです。サイズがあと1mmほど短ければベストだったのですが……。

 電球にはクリアタイプとホワイトタイプが売っています。電球の中身が透けて見えるものがクリアタイプです。用途や好みで選べばよいと思います。

ミニクリプトン球

 小さな電球は、ホームセンター、家電量販店、大型家具販売店(ニトリ・イケア)、100円ショップなどで普通に売っています。私が見た限りでは、ホームセンターがもっと品数が多いと思います。二個セットの商品も売っています。値段は100円から400円程度です。

ミニクリプトン球とレフランプ球

 ミニクリプトン電球(25w)とミニレフランプ(40w)を比較するとこのようになります。

 レフランプは光を反射するように工夫されているので、不満がなければ付属のミニレフランプを使うのもありかもしれません。

E17口金ミニクリプトン球に交換

 このクリップライトの口金は「E17」です。もっともよく使われている口金のサイズは「E26」ですので間違えないようにしましょう。

 家にある電球を使いたいけどサイズが分からないという方は、電球のソケット部分(銀色の部分)の幅を定規で測ってみてください。25~27mm程度であればその電球は「E26」サイズです。ソケットの幅が17mmの電球が「E17」サイズです。

ミニクリプトン球の光量

 クリアタイプのミニクリプトン球を光らせるとこのようになります。

 節電や発熱対策としてLED電球に交換するものよいと思います。「E17」口金の40w型LED電球はダイソーにて200円で販売されています。色は電球色と昼白色の二種類のようです。

ダイソー「LEDミニ電球」への交換

ダイソーのLEDミニ電球40w形相当で440lmの明るさ

 ダイソーの「LEDミニ電球」をやっと見つけることができました。この製品は人気商品のためか大型店舗でも中々見かけることがありません。しかし先日、ふと訪れたダイソーで白昼色を1個だけ発見しました。

仕様表

 LED電球の形状は砲弾型という楕円形になっているタイプです。このLED電球は、消費電力4w、明るさ440lm(ルーメン)、口金サイズE17、40w形相当となっています。定格寿命は40,000時間と書かれています。調光器具には使用できません。PSEマークあり。

LED電球本体

 LED電球の本体。LED電球の寸法は全長が約75mm、外形が約35mmです。重さは40g。

ミニクリプトン球との比較

 ミニクリプトン球と比較してみると、ダイソーのLEDミニ電球の方が長い形状であることがわかります。ミニクリプトン球が球状であるのに対して、LED電球は砲弾型になっているからです。

設置例

 実際にクリップライトにつけてみました。一見するとミニクリプトン球の時と変わらないように見えます。しかし、実は大きな違いがあります。

先端がはみ出る

 横から見てみると、先端部分が一部はみ出していることがお分かりいただけると思います。砲弾型の電球は電球の形状が細長いために灯具によってははみ出してしまうこともあります。

 白熱電球と違って発熱がほとんど感じられないため、このままでも十分に使用することができます。

点灯 点灯

 部屋を真っ暗にしてライトを点灯してみました。一枚目の写真は少し黄色く見えます。二枚目の写真の方が色味を正確に反映しています。十分綺麗に照らしてくれます。

十分な明るさ

 熱くなる白熱電球よりもLED電球が好ましいという方は、LED電球を採用するとよいかもしれませんね。

価格

 購入時の価格は約650円でした(2019年2月時点の参考価格)。「アマゾンが販売、発送」の安心感。プライム会員なら送料も不要です。ただし、価格は変更される可能性があります。

 値段は毎日変動しているようですね。一番安いときは600円近くまで下がることもあるようです(2019年2月時点の参考価格)。それほど高いものではないので、必要なときに買ってもいいと思います。

 ちなみに、ホームセンターでは同じ商品が1,200円程度でした。超大型の家電量販店でも探しましたが、1,000円以下のクリップライトは見つけることができませんでした。

スポンサーリンク

おわりに

 ベッドサイドで使うために安価なクリップライトを探していました。ようやく満足のいくもの手にすることができました。

 最近ではLEDタイプのライトが増えています。LEDは省電力、高輝度、長寿命を謳っていますが、スイッチを入れた瞬間に眩しく光るため、ベッドサイドで使用する場合には好みが分かれるでしょう。夜は眩しさを感じます。

 そうした場合には、従来の白熱電球や電球型蛍光灯が最適です。白熱電球は光に暖かみがあるように思えます。また、スイッチを入れてじわじわ明るくなる電球型蛍光灯も捨てがたいです。

 とはいえ、白熱電球はものすごく熱くなるのが難点なので、安全性を考えるとLED電球も悪くはないと思います。悩むところです。

 今回購入したクリップライトは、予想以上にコスパが高くて満足しています。無骨なデザインも気に入っています。ELPAのクリップライトは、もう一つ買っても良かったかもと思える製品です。

 もしアームが付いたクリップライトが欲しい場合は、同じELPAが発売しているSPOT-LCR40が安くてよいかもしれません。評価も高いようです。ちなみに、ニトリにもアームが付いたクリップライト(HC-026C)が1,000円ちょっとで売っています。

白熱電球(付属のミニレフランプ球を含む)はきわめて熱くなります。やけどに注意してください。また、可燃物の近くや埃のたまる場所には設置しないようにする必要があります。