スバル車のスマートキーの電池を交換する方法

スバルのスマートキー日常生活・生活用品
スポンサーリンク

 スバル車のスマートキー(リモコンキー)の電池がなくなってきたので交換作業を行いました。スマートキーの電池交換は、やり方さえ知っていればどなたでも簡単にできる作業です。とはいえ、部品に傷を付けるといけませんので自己の責任のもと慎重に作業を進めてください。

 スマートキーは今やメーカーを問わず多くの車種で採用されています。スバルではWRX、レヴォーグ、レガシィ、フォレスター、インプレッサ、XVなどで同一のスマートキーが採用されているようです。ただし、購入時期が違うとリモコンが異なる場合があります。

 ここで紹介しているスマートキーと同じものをお持ちの方は、まったく同様の手順で電池交換ができます。所要時間は5分~10分程度です。費用は電池代110円です。新たに精密ドライバーを購入しても220円で済みます。

スポンサーリンク

スマートキーの電池交換の手順

スマートキーの裏面

 スマートキーには物理キーが入っています。電池交換する場合は、最初に物理キーを引き抜きます。

 なお、電池が切れても物理キーを使ってドアを開けることができます。

物理キーを外した後

 こちらが物理キーを引き抜いた状態です。

ドライバーのサイズ

 スマートキーのカバーを外す際には精密ドライバーのマイナスドライバーが必要です。家庭によくある大きなサイズのマイナスドライバーは使えません

精密ドライバー

 ドライバーの先端には予めテープを巻き付けて傷防止措置を講じます。

ドライバーの差し込み位置

 マイナスドライバーを真ん中の窪みにあてがいます。

右にゆっくりとひねる

 そのままマイナスドライバーをゆっくりと回転させていくとカバーが手前から浮き上がっていきます。黒い部分と銀色の部分に隙間ができていることが分かります。あとは黒い部分(底面のカバー)のパーツをゆっくりと持ち上げると簡単に外れます。

 カバーに傷が付いたり割れたりする可能性がありますので、マイナスドライバーは絶対にこじらないでください。

裏蓋を外した状態

 カバーが外れた状態です。カバーさえ外せば電池が露出しますので、あとは電池を交換するだけです。

電池取り付け部

 スマートキーのボタン電池は「CR2032」です。どこでも売られている一般的なボタン電池の一つです。このボタン電池は、ホームセンター、家電量販店、100円ショップで販売されています。スーパーやコンビニに売っていることもあります。

リモコンユニット

 スマートキーの本体はケースから外れます。リモコンユニットは固定されていませんので、落とさないように気をつけてください

ボタン電池

 電池を外すときはツメを折らないように慎重に作業する必要があります。写真の左側のツメは特に気をつける必要があります。

CR2032ボタン電池

 ボタン電池は「CR2032」です。ボタン電池は似たようなものが数多く売られていますが型番を間違えるとはまりません。直径が同じものでも型番が違うと厚みがまったく異なります。

 また、ボタン電池は無名メーカーの製品も売られていますが、念のために有名メーカーの製品しておくと安心です。

ボタン電池の交換

 交換が完了しました。

使用済み電池は絶縁後処分

 使用済みのボタン電池は必ず絶縁処理を施してからゴミ箱に捨ててください。

底面カバーの側面

 なお、こちらがカバーの側面部分です。突起部のツメで本体と連結されています。私は電池を交換するついでに内部の清掃も行いました。スマートキーの内部は意外とほこりが入っており全体的に汚れています。

スマートキーのパーツ

 ケース、ボタン、シリコンカバーが分離できます。シリコンカバーの汚れも丁寧に拭き取りました。ぴかぴかです。

 ボタン部分は繊細なパーツですので連結パーツを折らないように丁寧に扱う必要があります。

組み込み済み

 電池交換と清掃の後は、ゆっくりと慎重に元通りに戻します。

スマートキーのケース

 余談ですが、スマートキーに傷を付けたくないという方は、キーケースの取り付けがおすすめです。キーケースを付けているとカバンの中でほかのものに当たっても、どちらも傷付きにくくなります。また、スマートキーを落としても簡単には壊れません。これは本当に良いアイテムです。しかも、最近ではかなり格好いいキーケースが登場しているようです。今だったらレザーのキーケースを買っていたかもしれません。