想像を超えた利便性!電池式の人感センサー付き足元灯LEDライト!

夜間の点灯日常生活・生活用品

 これは本当に便利でした!

 帰りが遅くなったときや夜中に廊下を歩くときに、人感センサー付きの足元灯に助けられています。廊下や階段の電気をつけるまでもなく、部屋を出た瞬間に周囲をちょうど良い光量で照らしてくれます。今ではなくてはならないものになっています。

 コンセントから電気をとるタイプよりも、電池式のタイプのほうが災害に強くておすすめです。LED足元灯はホームセンターだと良いお値段であるため、Amazonでまとめ買いするのが一番だと思います。

スポンサーリンク

AMIR「モーションセンサーライト(Motion Sensor Light)」

AMIRのセンサーライト

 以前購入したセンサーライトが思っていた以上に便利だったのでレビューしてみます。

100均で買える防災に役立つライト&ランタンを徹底レビュー!
この記事では100円ショップのセリアやダイソーで「100円」で買えるSMD/LEDのライトやランタンについての詳細を紹介しています。特に光量が明るい製品や使い勝手の良い製品を中心に種類の異なる複数の製品を取り上げています。

 住宅によっては、夜間に手探りでライトのスイッチをつけなければならないお宅もあると思います。また、階段部分や倉庫などに電灯が設置されていないところもあるかもしれません。

 そうした場合、センサーライトを廊下や階段に設置しておくと、夜中にお手洗いやキッチンに向かう際に、自動で足元が照らされて便利です。今では廊下の電気をつけることが少なくなりました。

 両面テープとマグネットが使えるため、さまざまな場所に取り付けることができます。

スポンサーリンク

センサーライトの仕様

センサーライトの内容

 センサーライトの仕様は下記のとおりです。

製品情報

センサー光センサー・人感センサー
使用LED個数6個
感知距離約2~3m
電源電池式、単四乾電池3本(別売)
検出角度動体検知範囲は、垂直方向が約60度、水平方向が約120度です。
動作時間約12~15秒
動作電圧4.5V DC
電流60mA
サイズ直径は約80mm、厚さはセンサーの突起部を含めて約18mm、センサー部を含めなければ約15mmです
重量本体色ホワイトの重さは、電池なしで約50g、単四電池3本を入れて約85gです
材質ポリカーボネイト/アルミ
取り付け方法背面に磁石が埋め込まれています。別に3M両面テープが付属しています。
付属品取扱説明書・3M両面テープ
保証期間購入から一年間
製造国中国
スポンサーリンク

センサーライトの使用感

センサーライト本体

 デザインはひじょうにシンプルで悪目立ちすることもありません。中心の突起部分がセンサーになっています。その周囲の半透明の部分にLEDが6個内蔵されています。半透明であるため、LED特有の目を刺すような光が押さえられています。フレームの色はホワイトとシルバーがあります。個人的にはホワイトが落ち着いた色で好みです。

 水のかかる場所や湿度の高い場所では使用できません。常時点灯はできず、物理スイッチもありません。

夜間の点灯

 人感センサー付きのライトは、明暗と人の動きを検知して自動で点灯と消灯を行います。実際の感知範囲は、カタログ値と同程度の約2m~3m程度です。設置場所や周囲の明るさによって反応に差があります。夕方頃、部屋に光が差し込まなくなると点灯するようになります

 消灯は、点灯してから約15秒後です。人がセンサーライトの近くで絶え間なく動いている間は消えません。

 廊下や階段に設置しておくと部屋から出たときに躓くことなく安全に移動することができます。

 他にも倉庫、物置、洗面所、キッチン、ベッドサイド、クローゼット、机の引き出しなどに両面テープを用いて設置するのもおすすめです。電池式の人感センサーライトは家庭用コンセントがないところで便利に使えます。ご高齢の方のお宅に設置することも、転倒防止策の一つとしてひじょうに有用です。

本体裏面

 本体裏側にはマグネットが埋め込まれています。本体がずれて落ちる場合は、両面テープを併せて使用します。

電池ボックス

 裏蓋をひねって外すと電池ボックスがあります。電池の向きを逆に取り付けてしまうとショートして壊れます。電池ボックスをよく見ると、電池の挿入方向が記載されています。

日本語の取扱説明書

 説明書は日本語に対応しています。

 一人暮らしでワンルームにお住まいの方は3個で十分だと思います。複数の部屋があるマンションや戸建てにお住まいの方は最低でも6個は欲しいです。

 光の色は白昼色と電球色の二色がラインナップされています。夜に点灯することを考えると、暖色である電球色の方がおすすめです。LEDは剥き出し状態ではなく、透明プラスチックのカバーの中にあるため、そこまで眩しくありません。明るさもほんのりと周囲を照らす程度で、明るすぎず暗すぎといった印象です。

 アマゾンでは、3個セットと6個セットが販売されています。私は6個セットを購入しました。2019年3月現在、価格は3個セットが約1,200円(タイムセール時)から約1,400円(通常)で、6個セットが約2,200円から約2,300円です(2019年3月時点の参考価格)。ホームセンターでは人感センサー付きLEDライトは一つ1,000円以上していました。

 ちなみにLEDの常夜灯は100円ショップでも販売されています。しかし、任意にスイッチをオン/オフしなければならない上、家庭用コンセントからの電源供給になります。災害時による停電時には機能しません。したがって、センサーライトの電源は、乾電池であることがとても重要になります。

 総合的に見てかなり良い製品だと思います。日々の生活が快適になること間違いなしです。電池式のセンサーライトは防災の観点から見てもおすすめできます。

 我が家ではキッチンと廊下に設置しています。2019年8月現在、購入してから半年以上経っていますが、今ではなくてはならないアイテムになっています。

 夜中にちょっとトイレに行くときに、廊下の電気を付ける前にセンサーライトが反応してくれます。また、電気のスイッチが遠くになる場所でも、センサーライトがあると、ぼんやりではありますが周囲を照らしてくれます。衝突や転倒防止に使えます。

 私が購入したセンサーライトは本体がホワイトカラーで、電球色のライトが搭載されたものです。6個入りと3個入りがあります。一戸建てにお住まいの方やご家族が多い方なら6個入りを選んでおくとあちこちに設置できて便利です。

 なお、電池の交換は、設置場所にも寄りますがこれまでに各1、2回です。私はわりと長持ちするな~という印象を受けました。たくさんの人が頻繁に行き来するところであれば、もっと電池の消耗が激しいかもしれません。

 3個入りもあります。