電気毛布で寒い冬を暖かく快適に過ごそう!電気料金も安い!

洗える毛布日常生活・生活用品
スポンサーリンク

 11月や12月になるにつれ朝晩の冷え込みが辛くなってきます。なるべく風邪を引かないようにしたいですよね。

 これからの寒い時期には電気毛布が大活躍します。私は2017年末頃から電気毛布を使い始めましたが本当に快適です。眠る前にふとんを暖めておくと、ふとんに入ったときのひんやり感がなくなります。お陰で朝まで震えることなく快眠できています。

 実のところ電気毛布は何年も前から身内におすすめされていました。しかし、面倒なイメージがあり導入を長い間見送っていました。今となっては、なぜもっと早く電気毛布を買わなかったのかと思っているくらいです。

スポンサーリンク

電気毛布は本当におすすめ!

コイズミの電気毛布

 電気毛布は、毛布の中に電熱線が通っており、電熱線に電気を流して発熱させることで暖をとることができる製品です。

 電気毛布には布団の下に敷く敷タイプや掛敷兼用の掛敷タイプなどの製品があります。敷タイプは一般的なふとんの半分程度のサイズが多いのに対して、掛敷タイプはサイズがふとんと同サイズのものが多いように思います。

 私は敷タイプを購入しましたが、布団に敷いて使うことよりも、ふとんの間に挟んだりブランケット代わりにしたりして使用しています。電気毛布をブランケット代わりにも使いたいという方は、小さいサイズの電気毛布をおすすめします。

 130cm × 80cmくらいの小さいサイズは、ひざ掛けにするのに最適なサイズです。椅子に座って作業しているときに電気毛布を掛けておくと、足の冷えが抑えられるとともに寒さがかなり緩和されます

 私は電気毛布を使い出してからエアコンの暖房を使うことがほとんどなくなりました。エアコンは冷風にしても温風にしても風が苦手だったため、余計に助かっています。しかも電気毛布は電気代が安いのです。

製品概要

品名電気敷毛布 KDS-4061
製品サイズ約130cm × 約80cm
重量約700g
コード長電源側:約1.9m
本体側:約0.6m
材質アクリル30%、ポリエステル70%
特記事項ダニ退治〇、抗菌防臭加工〇、水洗い〇
消費電力40W
1時間あたりの消費電力量約27Wh
1時間あたりの電気料金約0.7円
メーカーKOIZUMI(小泉成器株式会社)
製造国インドネシア

毛布サイズと消費電力

(参考)
KDS-4061(KOIZUMI公式サイトの製品ページ)
電気毛布の一覧ページ(KOIZUMI公式サイト)

スポンサーリンク

電気毛布の選び方

 電気毛布を選ぶときには、自分の目的に合せてサイズや機能を選択する必要があります。私はパソコンで作業する際のひざ掛けとしても利用したかったため、ふとんの半分程度の小さいサイズを選びました。

洗える毛布

 また、私は絶対に欲しい要素として「ダニ退治機能」「抗菌防臭加工」「水洗い可能」の三点があることを条件としていました。自宅で洗濯できると本当に便利です。洗濯機を使用する場合は、プラグ差し込み口が内側になるようにして洗濯ネットに入れてから洗います。

 こうした機能は、ほとんどの電気毛布についていると思いますが、購入前によく確認する必要があります。

スポンサーリンク

電気毛布のデザインと外観

説明書と保証書

 説明書や保証書が付属しています。案内にもあるように電気毛布は電源を入れてから徐々に暖かくなっていきます。故障ではありません。

わかりやすいイラスト

 説明書はとても分かりやすいです。説明書はコイズミの公式サイトからPDFファイルで読むこともできます。箱や説明書を捨ててしまっても安心ですね。

電気毛布と電源ケーブル

 電気毛布と電源コードです。箱ごとリュックに入るほどコンパクトです。電源コードは取り外しできます。

薄い生地

 電気毛布本体です。表側と裏側で柄が異なります。生地はペラペラですが、まったく問題ありません。

コネクタ

 電源コードを接続する箇所です。水洗いするときは電源コードを外します。

プラグを電気毛布に接続

 プラグはカッチリとはまります。寝ている間に抜ける心配はありません。

リモコン

 電気毛布のリモコンです。一番下が「切(電源オフ)」になっています。スイッチを「弱」以上にスライドさせると電気が入って電気毛布が暖まります。電源を入れると、リモコンの「強~弱」と書かれている部分が赤く光ります。そのため電源が入っているかどうかは一目で分かります(↓の写真では電源プラグを差していないため光っていません)。

リモコン設定

 「強」にしても熱々にはなりません。私が電気毛布を真冬にひざ掛けとして使っているときは「強」に設定していることが多いです。

リモコンのスライダー

 スイッチが勝手に動いてしまうことがあるのが難点です。不満点は今のところそれくらいでしょうか。どのメーカーも同じようなリモコンを採用していることから、この問題はどのメーカーの製品でも起こる可能性があります。

スポンサーリンク

電気毛布で冬の生活が変わる!

 電気毛布自体はひじょうに安価で手に入れることができます。私が購入した2017年頃は2,000円程度でした。それほど高価なものではありませんので、一度お試しになることを強くおすすめします。冬の寒々しい生活が一変します。

 もう一つのおすすめ点は、電気料金がとても安いということです。メーカーによると1時間あたりの電気料金は約0.7円となっており1円を切っています。長時間でも電気料金を気にすることなく使用することができます。もちろん、電気毛布の設定等によって変わってくることは言うまでもありません。

 電力の消費量が少ないことから、ポータブル電源があれば、ポータブル電源に接続してキャンプで使用したり、災害時に避難所で使用したりすることも可能です。このような使い方を想定しておくと防災上も良いかもしれません。

 電気毛布は数社から販売されています。電気毛布は今回紹介したコイズミ以外に、山善、アイリスオーヤマ、スギヤマ、広電などから販売されています。

 どれもほとんど似たような内容になっています。デザインが多少違う程度ですので、気に入ったものを購入されると良いと思います。ここ最近はオシャレな柄のものも出てきています。たくさんの種類から選ぶことができます。

 ただし、朝晩の冷え込みが激しくなってくると、途端に電気毛布が売れ出して在庫切れになることがあります。私が購入した時もそういう状況でした。早めに準備されると安心ですよ。

足元の冷える寒い冬はフットヒーターによる対策がおすすめ!
足元の冷えを解消するフットヒーターを導入すると寒い冬を快適に過ごせます。しかも音が出ないため静かです。オフィスでデスク下に置いて使うのもおすすめです。費用対効果は想像以上に高いと思います。冷え性の方はぜひ導入してみてください。
ニトリの抗菌防臭・防ダニふとんを購入しました!
ニトリで抗菌防臭・防ダニのふとんと暖かそうなふとんカバーを購入しました。この冬は新しいふとんで過ごそうと思います。寒さが厳しい日には電気毛布でふとんを温めてから眠ると良さそうです。