足元の冷える寒い冬はフットヒーターによる対策がおすすめ!

オシャレな外箱日常生活・生活用品
スポンサーリンク

 段々と涼しくなってきましたね。冬場には足元が寒くて辛い思いをすることもあると思います。私は寒がりなのですでに色々と冬の寒さ対策を用意しています。

 数年前まで、小さな部屋ではセラミックヒーターを中心に使って、ときどきエアコンの暖房を入れるというかたちで対応していました。しかし、それでも足元に寒さを感じることがたびたびありました。かといって、書類や本がたくさんある部屋で電気ストーブを使うことはためらわれます。

 どうしたものかと考えあぐねた末に電気毛布とフットヒーターを使うというところに落ち着いています。フットヒーターは足元の寒さを緩和してくれる凄い製品です。そういう訳で、今回はフットヒーターをご紹介します。

スポンサーリンク

フットヒーターでデスクワークを快適に!

フットヒーター

 私はデスクでパソコンに向かって作業をしていることが多いのですが、お風呂上がりに作業をしているとあっという間に足が冷たくなってしまいます。

 なにか良いものはないかと探していたときにフットヒーターを発見しました。それまでは小型のセラミックヒーターをメインで使っていました。

 セラミックヒーターも悪くはないのですが、ヒーターと足との距離をうまく考えないと熱すぎたり寒すぎたりしてしまいます。セラミックヒーターには、温風がすぐに出てくるという利点はあります。その一方、セラミックヒーターは600W/1200Wということもあり、電気代が少し気になってしまいます。

 フットヒーターの場合は、足乗板がある程度温まったら電源を一旦オフにして、しばらくしてからもう一度電源をオンにするという節約術が使えます。また、フットヒーターの電気料金はエアコンや電気ストーブと比べると安くて経済的です。そういうこともあってフットヒーターを二年前から愛用しています。

 ここでは私が使用しているAPIXのフットヒーターをご紹介します。

製品概要

品名AFH-109 Foot heater(私が使っている旧モデル)(ピュアホワイト/ベビーピンク)
AFH-118 Foot heater(新モデル)(ホワイト/レトログリーン)
製品サイズ(約)幅40cm × 奥行き35cm × 高さ12.6cm
重量約1.75kg
電源AC100V(50/60Hz)
消費電力100W
コード長1.6m
1時間あたりの電気料金約2.7円(目安)
材質本体:耐熱PP
足乗板:スチール
植毛:ナイロン
表面温度約45~55度
付属品取扱説明書、保証書
特記事項オートオフタイマー:4時間(切り忘れ防止)
無音無排気エコ暖房
植毛加工
メーカーアピックスインターナショナル
製造国未記載

(参考)
アピックスインターナショナル(公式サイト)

スポンサーリンク

フットヒーターの外観とデザイン

製品のパッケージ

フットヒーター

 見るからに可愛らしい箱に入っています。

二色展開

 私の購入した「AFH-109」という製品(旧モデル)は、ピュアホワイトとベビーピンクの二種類です。新モデルである「FSWH-8118」は、色のラインナップがホワイトとレトログリーンの二種類になっています。

 公式サイトでスペックを比較してみましたが、内容はほとんど同じように思えます。

電気代

 1時間あたりの電気代が約2.7円(目安)となっています。フットヒーターは家計にとても優しい製品です。時間を気にせず使用することができます。

 また、無音・無排気のため可動音はありません。静かな環境で仕事や作業に没頭できます。

製品の特徴

 パッケージ裏面には四つのおすすめポイントが記載されています。

足もとから温める

 フットヒーターを使用する前と後の体温の変化をサーモグラフィーで測定した結果が示されています。こんなにも違いが出てくるとは驚きですね。どうりで冷えを感じにくくなる訳です。

オフィスやリビングで使用可能

 たとえば、学習机のような狭いデスクであっても、幅40cmと奥行き35cmが確保できれば使うことができます。上長から許可が出れば、フットヒーターを職場のデスクの下に置くのも良いかもしれません。足元からくる冷えは本当に辛いですからね。

角度がリニューアル

 足置き角度は5.5°に固定されています。角度を調整することはできません。前のバージョンから改良されたようですね。この角度はちょうど良い角度で疲れは特に感じません

切り忘れ防止装置

 切り忘れ防止機能が地味に優秀です。スイッチを切り忘れたまま、別の場所に行ったり、眠ってしまったりしたことがありますが、きちんと4時間で電源が落ちています。加温を再開するときは、電源ボタンを一度オフにしてから、もう一度オンにします。

 足を奥部分は植毛加工されています。ベロア素材のような手触りです。ただ、植毛加工部分は黒色のためほこりが付くと目立ちます。ほこりはガムテープを使ってもなかなか取れません。

フットヒーター本体

フットヒーター本体

 私はホワイトを選びました。カラーはホワイトが無難と思います。白と黒のコントラストが落ち着いた印象を与えます。

 新モデルを購入するならレトログリーンも素敵なデザインかなと思います。

側面

 本体の側面は丸みを帯びています。

背面

 フットヒーターの背面と前面の縁の部分には丸みがありません。

前面

 こちらが前面です。スイッチは中央左よりに配置されています。そのさらに左側に電源ランプがあります。下が電源オンになります。なお、電源ランプは電源を入れるとオレンジ色に光ります。

 スイッチは慣れてくると足の親指で電源オンできます(ちょっと行儀がわるいかもしれませんが)。

奥行き

 暖かい部分は植毛加工がされている黒い部分です。奥行きは約27cmくらいでしょうか。

幅

 幅は約31cmになっています。

対角線

 対角線は約39cmです。

勾配

 フットヒーターを側面から見ると傾斜が付いていることがわかります。フットヒーターは高さが13cmほどありますが、簡易な足置き台のような感じで不便は特に感じません。

裏側

 フットヒーターの裏側です。中央には通気口があり、四隅に脚が配置されています。

スポンサーリンク

フットヒーターで足元の冷えを解消!

 私は寒い時期にはフットヒーターと電気毛布を組み合わせて使っています。身体は電気毛布だけでも十分暖かくなります。けれども、冷え込みが厳しいときには足元の冷えがとても辛くなってきます。

 そういうときに、フットヒーターのスイッチを入れると、足元の冷えをかなり和らげてくれます。これらの組み合わせで、冷え性の私もなんとか冬を越せています。フットヒーターは電気毛布とあわせておすすめできます。

フットウォーマー

 いずれも2017年から冬場のデスク作業に欠かせないアイテムとなっています。フットヒーターは、ダイニングテーブルの足元に設置したり、職場のデスクの足元に設置したりと色々な利用方法があると思います。

 今回紹介したAPIXのフットヒーターには「FSWH-8118」という新モデルが出ています。私が使用している製品の後継モデルと思われます。価格がもう少し安くなると良いと思います。

 冷えは足からきます。冷え性で辛い思いをされている方は、フットヒーターをぜひお試しください。ほかの暖房器具と組み合せて補助的に使うと効果的ですよ。

電気毛布で寒い冬を暖かく快適に過ごそう!電気料金も安い!
電気毛布は寒い冬を快適に過ごすために必要不可欠な製品です。ふとんに敷いたり、ブランケットとして使ったりして利用することができます。電気代もあまりかからないため、長時間にわたって安心して使用することができます。
ニトリの抗菌防臭・防ダニふとんを購入しました!
ニトリで抗菌防臭・防ダニのふとんと暖かそうなふとんカバーを購入しました。この冬は新しいふとんで過ごそうと思います。寒さが厳しい日には電気毛布でふとんを温めてから眠ると良さそうです。