シェーバーを使うと誰でも簡単に眉を綺麗に整えることができる

マユシェーバーキット日常生活・生活用品
スポンサーリンク

 眉毛のお手入れ用にマユシェーバーキットを購入してみました。

 マユシェーバーは4月頃から使い始めて約4ヶ月経過しています。マユはハサミと毛抜きで整えるよりも、シェーバーを使ったほうが簡単に整えられることがわかりました。マユシェーバーは正直もっと早く導入すれば良かったと思いました。

スポンサーリンク

パナソニックのマユシェーバーキット

パナソニックのマユシェーバー

 マユシェーバーはマユを整えるために使う製品です。付属している「A(長め)」または「B(短め)」のコームのうちのいずれかを刃先にセットして、マユをなぞっていくとマユの余計な部分をカットすることができます。「A」と「B」のコームは、それぞれ長短を調整することができるため、計4パターンの長さを選ぶことができます。

 コームを外した状態で使用すると、余分な毛を根元からカットすることができます。顔のうぶ毛もある程度はカットすることが可能です。

 実際に何度も使用した感想として、「B」のコームを「長(約4mm)」にセットしてもマユが薄くなるということはありませんでした。また、「B」のコームを「短(約2mm)」にセットした場合が、マユをもっとも短くカットできますが、それでもマユが無くなることはありません。ただし、コームの組み合わせを長いもの順に試していくのが無難です。長さの調整は絶対に間違えないように慎重に行う必要があります。

眉の長さと形をそろえる

 誰でも簡単にマユの長さと形を揃えることができます。形を思い通りに整えたい場合は、ある程度の慣れが必要です。

 この製品はあくまでもマユの先端の余計な部分をカットして、マユを整えるためのものです。逆にいえば、今マユが極端に薄い方はコームを短めにセットしたシェーバーを使っても、マユの先端部が刃に届かないために、マユをほとんどカットすることができない可能性があります。そのあたりは購入前に注意が必要です。

 私が購入した製品は男性用のマユシェーバーですが、内容は女性用のマユシェーバーと変らないようです。男性が女性用を使っても良いですし、逆もまったく問題ないと思います。価格と色で好きなものを選ぶのが良いと思います。

製品概要

名称マユ シェーバー キット
品番ER-GM20
仕上がりの長さコームA:長 約8mm、短 約6mm
コームB:長 約4mm、短 約2mm
カラーシルバー、ブラック、レッド
サイズ高さ14mm×幅16mm×奥行14mm(コーム含まず)
重量20g(コーム・乾電池含まず)
付属品マユコーム(A、B)、掃除用ブラシ、取扱説明書兼保証書
電池アルカリ単4乾電池1個(別途購入)
保証期間購入後1年間(刃を除く)
生産国中国製
スポンサーリンク

マユシェーバーのデザインと特徴

同梱物一覧

 パナソニックのマユシェーバーキットには、シェーバー本体、コーム2本、掃除用ブラシ、取扱説明書兼保証書が同梱されています。単四乾電池は付属していません!

 箱は捨てずに取っておくと収納時にとても便利です。

分かりやすい取扱説明書

 この製品はパナソニックの製品だけあって日本語の分かりやすい取扱説明書が付属しています。図解されているためコームの取り付け方や使い方などがすぐに分かります。

 裏表紙が保証書になっているため、レシートと一緒に保管しておかなければいけません。

シェーバー本体

 シェーバー本体には透明のキャップが付いています。柄の部分(銀色のところ)は金属になっており、内部に単四乾電池1本を入れてから使用します。

 真ん中の鏡面の部分がスイッチになっています。このスイッチがちょうど良い位置にあってスイッチのオンオフがしやすいです。

 大きさは二色ボールペンと同じようなサイズ感です。本体は楕円形になっているためテーブルから転がることはありません。

刃先

 コームが付いていない状態の刃先です。眉毛を根元からカットしたい場合はコームを付かない状態で使用します。うぶ毛を剃りたいというときもコームを取り付けずに使います。

 コームを取り付ける場合は、コームを背部分の溝に合わせてセットします。

電池ボックス

 本体の柄を引き抜くと電池ボックスが現れます。使用電池は単四アルカリ乾電池1本です。

 取扱説明書によると、1回5分の週2回使用時で約1ヶ月間使用可能とのことです。

2種類のコーム

 付属の「コームA(白色)」と「コームB(灰色)」です。櫛の部分の長さが違います。マユをどの程度の長さにするかに応じてコームを使い分けます。

 「コームA」の「長」は約8mm、「短」は約6mmとなっています。また、「コームB」の「長」は約4mm、「短」は約2mmです。

 私は灰色の「コームB」の「」にセットして使うことが多いです。

コームA

 各コームの長短の切替えは、刃先にセットする際に溝の位置を長短に合わせて変えるだけです。

 「」と書かれているところと「」と書かれているところの裏側に突起があり、そのどちらかを溝に合わせてセットして「」と「」を切替えます。

コームB

 こちらは「コームB」を装着した場合です。マユを短くしたい場合に「コームB」のほうを使います。

掃除用ブラシ

 マユシェーバーを使い終わったらカットした毛を掃除用ブラシで綺麗にしてから、小さなお子様の手の届かないところに保管しましょう。

 さて、パナソニックのマユシェーバーを4ヶ月ほど使ってみて、感じた点を以下に簡単にまとめてみました。現在のところ、不満点は特にありません。

良い点

・手に馴染んで使いやすい
・皮膚を傷つける心配がない
・値段の割に品質が良い
・スイッチの位置が絶妙
・コンパクトで場所を取らない
・単四乾電池1本で動作する

気になる点

・水洗いができない
・フタをなくしそう

スポンサーリンク

使い勝手が良く簡単に眉毛の手入れができる

 私がこれまでシェーバーを使わなかった理由は、シェーバーを使うとマユが薄くなりすぎると思っていたことと、皮膚が切れてしまうのではないかという懸念があったためでした。

 しかし、実際にマユシェーバーを使ってみると、皮膚を巻き込むといったことはまったく生じず、また、コームを使っていればマユを剃りすぎてしまうということもまったくないということがわかりました。きちんとコームをセットしていれば、眉毛が無くなって取り返しがつかなくなるということはありません。

 余計な毛を毛ぬきで抜くと痛いですし、ハサミでカットすることは難しいということを考えると、マユシェーバーはかなり便利なアイテムです。

 しかもこの製品は、パナソニック製でありながら1,500円前後で購入できるため、コストパフォーマンスがひじょうに高いといえます。

 アマゾンではさまざまなメーカーの製品が販売されているようですが、個人的には有名なパナソニックの製品にしておくと間違いないと感じました。

 眉毛の手入れを普段あまりしていない方に特におすすめです。コームは長いものから順に試していくと剃りすぎることがなく安全です。うぶ毛を剃ることが目的であればマユシェーバーではなくフェイスシェーバーを選ぶと良いかもしれませんね。

 老若男女問わず、日頃から清潔感を保つことはとても重要ではないでしょうか。

 刃の部分が長いフェイスシェーバーもあります。

フェザーの「サムライエッジ」は切れ味が良くて耐久性も高い
日頃から愛用しているT字カミソリを新しいものに取り替えました。この製品は切れ味が良いだけでなく、刃と刃のあいだに汚れが詰まりにくくて、耐久性が高いという点がとても気に入っています。価格も比較的安くてお買い得感があります。