電動ドライバー購入時に揃えておきたいおすすめのビット

スリムビット日常生活・生活用品
スポンサーリンク

 マキタの充電式インパクトドライバを導入したのにあわせて、ビットも新しいものをいくつか用意しました。

 ロングビットやスリムビットは、DIY場面で重宝するためとてもおすすめできます。

スポンサーリンク

ビットを追加すると作業効率が劇的に向上する!

長いビットは短いビットより使いやすいことが多い

マキタ純正ビット

 電動ドライバーには小さなビットが付属していることが多いです。マキタの「TD171D」にも純正ビット(+2×65mm)が付属していました。

充電式の電動ドライバーがあるとDIYが捗ります!
マキタのインパクトドライバ「TD171DRGX」を購入しました。上位モデルだけあって、性能も質感も高く、十分に満足のいく製品でした。ここでは製品の特徴や使用感などをまとめています。

 作業は短いビットでも問題なくできますが、10cmから15cm程度の長めのビットを状況に応じて使うと作業がより捗ります。長めのビットは間違いなく使えます。

ロングサイズのビット

 こちらはベッセルのビットです。このビットの長さは150mmです。個人的には100mmから150mmくらいがもっとも使いやすいと思います。

 長いビットは作業時の視認性が高いことに加えて、作業性も高いように思います。こちらに変えてから短いビットを使うことはほぼなくなりました。

 安価な製品はホームセンターで1本150円程度で売られています。長いビットはどれでも良いので1本持っておくことをおすすめします。

 ビットには丈夫な高硬度のものや18V対応がうたわれているものあります。価格は少し高くなりますが、高性能な製品が色々と発売されています。

スリムビットがあるとスリムネジや小ネジを打ち込みやすい

ベッセルの黒艦ビット

 今回、ベッセルの「黒艦ビット 巧」を新たに用意しました。サイズは+2の110mmを選びました。

ベッセル 黒艦ビット 巧 2本組(+2×110mm)(TK2P2110)

 パッケージには「スリムネジ楽勝!」と書かれています。スリムネジ用のビットは初めて使いましたが想像以上に活躍してくれました。

 これはスリムビットといって先端部が細くなっているビットです。このビットは高硬度で18Vに対応しています。マグネットも入っています。製品は日本製です。

説明

 スリムネジを使用する機会があるなら、スリムビットが断然おすすめです。

 スリムビットはドライバーの先端部が細く小さくなっている点が特徴です。それによって、駆動部の小さなスリムネジや小ネジを上手く打ち込むことができるようになっています。

 一般的なビットと比べて作業性がまったく異なります。また、ビットのカムアウトが大幅に減少します。

スリム+高硬度

 マットブラックの仕上げがとてもカッコイイですね。ただし、数回使用すると先端は剥げて地の色が露出します。

日本製

 本体には「VESSEL」や「MADE IN JAPAN」という刻印があります。

 ビット中央にくびれがあることで衝撃が吸収されるようになっています。トーション効果が得られることで作業がしやすくなっています。

先端部の比較

 スリムビットを最初に紹介した一般的なサイズのビットと比較してみると、ドライバー先端部の形状と大きさがまったく違うことがお分かりいただけると思います。

電動ドライバーへの取り付け

 実際にマキタのインパクトドライバに装着してみました。ビットはこれくらいの長さがあると本当に使いやすいです。

スリムビスの使用

 ビットの先端に30mmのスリムネジを取り付けた状態です。ビットの先端がスリムネジの駆動部にしっかりと食いついています。

 また、このビットにはマグネットが入っているため、ネジをきっちりと保持してくれます。

小ネジの使用

 16mmの小ネジも問題なく使用できました。

 65mmや50mmのコーススレッド用とは別に小さなネジに対応したビットがあるとDIY時に重宝します。DIY場面では薄い板を小さなビスで固定することや、割れやすい板に細いビスを打つことが多々あります。そういうときには小ネジやスリムビスなどを使用することになりますが、必要に応じてビットを交換するとネジの打ち込み作業がとっても快適になります。

ベッセル 黒艦ビット 巧 2本組(+2×110mm)(TK2P2110)

 同様の製品はベッセル以外にアネックスからも出ているようです。

 電動ドライバを購入した際は、ぜひ色々なビットを試してみてください。数種類のビットがセットになっているものを導入するのも良いかもしれません。

 とにかく大型ホームセンターに行って色々な製品を見てみてください。品揃えがネットより充実しているように思います。

これはすごい!下穴開けと皿取りが同時にできる皿取錐!
棚の製作に際して皿取錐を導入しました。この皿取錐は木材への下穴開けと皿取りが簡単に行え、ダボ用の穴もとても綺麗に開けられます。この製品はDIYに興味のある方ならみんな満足できるような製品です。
充電式の電動ドライバーがあるとDIYが捗ります!
マキタのインパクトドライバ「TD171DRGX」を購入しました。上位モデルだけあって、性能も質感も高く、十分に満足のいく製品でした。ここでは製品の特徴や使用感などをまとめています。
家具や不要品は電気ノコギリで簡単に解体して処分できる
木製ベッドを解体して処分するために電気のこぎりを購入しました。使用にコツは要りますが、使い慣れてくると作業が捗ります。木製のベッドやタンス、金属製のラックなど大型家具を自分で解体したいという方はぜひご覧ください。
電動サンダーがあると木材の面取りも仕上げも簡単にできる
手作業で木材にやすり掛けをすることはとても大変な作業です。電動サンダーを導入すると作業効率が大幅に上がります。電動サンダーはダイニングテーブルのメンテナンス、本棚やベッド等の製作時にひとつ持っていると重宝します。