セリアから固形燃料の使える小さなストーブが登場

セリアの小さな簡易ストーブアウトドア
スポンサーリンク

 ここ数年、アウトドアグッズをたくさん売り出している100円ショップのセリアから、2021年の春も新しいキャンプ用品が発売されました。

 それが組み立て式の「簡易コンパクトストーブ」という製品です。これは1枚の薄い鉄板を折り曲げることで小さなストーブが完成するというものです。同じくセリアで売られている固形燃料を使ってコーヒーを楽しめそうです。

 このページでは製品の詳細を紹介しています。

スポンサーリンク

セリア「コンパクト簡易ストーブ」は組み立て簡単で固形燃料が使用できる

鉄板一枚の組み立て式ストーブ

コンパクト簡易ストーブ

 こちらがセリアの「コンパクト簡易ストーブ」です。このストーブは、固形燃料を使ってマグカップやシェラカップのお湯を沸かすのにちょうど良さそうです。

 ストーブ、固形燃料、水、ドリップコーヒーバッグなどがあれば、一人で釣りやハイキングに出かけたときに暖かくて美味しい飲み物が手軽に飲めそうです。

固形燃料や枯れ葉や小枝の薪で

 製品のパッケージには「固形燃料や枯れ葉や小枝の薪で」とあります。実際には固形燃料で使用するのが最適だと思います。

 また、「組み立て簡単」とあるように、本体の組み立ては数カ所を折り曲げるだけになっています。

本体は組み立て式

 ストーブは一枚の薄い鉄板からできています。つなぎ目の部分を折り曲げると完成します。

鉄板は薄い

 鉄板は折り曲げて組み立てることを前提としていることもあってかなり薄いです。

 縁の部分には目立ったバリは見られないものの、カール処理が施されているわけではないので手を切らないように注意しなければなりません。もちろん、普通に組み立てている分にはまったく問題はなさそうです。

製品のサイズと重量

製品のサイズ

 製品サイズは「コンパクト」とあるだけあってとても小さくなっています。

 しかし、マグカップやシェラカップを載せることはできてもお鍋のように大きなものは置けません。ミニ鉄板は試してみても良いサイズ感です。

品名コンパクト簡易ストーブ(COMPACT STOVE)
サイズ組み立て前:長辺約18cm、短辺約10cm
使用時:幅約6.5cm、奥行き約6cm、高さ約7.6cm
重さ約54g(実測値)
材質スチール(亜鉛メッキ)
製造国中国
発売元エコー商事株式会社

ストーブの組み立て方法と手順

組み立て方法

 組み立ては説明のとおり数回折り曲げるだけで完成します。

 ただし、何度も前後に折り曲げを繰り返すと破断してしまいそうです。

実際の組み立て手順

 鉄板の側面や底面の各部に穴が開けられており、さまざまな方向から吸気できるようになっています。

 組み立ては底面や側面を接続している金属部分を折り曲げていきます。

 鉄板は未使用の状態では真っ直ぐですが、使い終わって元通りにしようとすると歪みがでます。もしかすると、この製品は何度も組み立てを繰り返すようなものではないのかもしれません。

片側を立ちあげる

 側面の風防部分を折り曲げて立ちあげます。

もう一方も立ちあげる

 もう片方も同様に折り曲げます。この状態で底面は床から浮いています。

側面を曲げる

 風防の端を内側方向に適度な位置まで折り曲げていきます。

 これで組み立ては完了です。平らなところに置いているということもありますが、安定性は十分にあります。

上から見た状態

 ストーブの上部から見ると分かりやすいですが、固形燃料を置くための十分なスペースが確保されています。

 正方形の底板は約57mm×約57mmというサイズです。セリアやダイソーで販売されている青色の固形燃料は問題なく使用できます。プラのカップに入っている一回り大きなものもおそらく使用できるのではないでしょうか。

 小さなアロマキャンドルや虫除けキャンドルを置いても良いかもしれません。

入手も簡単!防災からアウトドアまで使える固形燃料は常備必須!
100円ショップのセリアやダイソーで販売されている固形燃料はアウトドアから防災まで幅広く使えます。ハイキングやソロキャンプでも活用できると思います。また、簡単に着火できるため、災害時の備えとして避難バッグの中に保管しておくと良いかもしれません。

側面から見た状態

 側面から見た状態です。風を取り入れるスリットがあります。

空気は底からも入る仕様

 このストーブは底からも吸気することができます。隙間は約15mmあります。

 小さく軽いストーブということを考慮すると、本製品は安定感のあるところに設置する必要があります。

 組み立てた状態で収納しておくか、使用後に平面の状態に戻すかで耐久性が変ってくると思われます。

 コンパクト簡易ストーブは、市販の固形燃料が使えるという点が嬉しい点であると思います。キャンドルスタンドとして利用する方法もあります。

 もっとしっかりとした製品が欲しいという方はエスビットのポケットストーブという製品がおすすめです。こちらのほうが無骨さは上です。

携帯性抜群!無骨さ際立つエスビットのポケットストーブ!
エスビットのポケットストーブが無骨で格好良かったので紹介します。ポケットストーブは小型軽量のコンロです。ひじょうに小さいため、服やザックのポケットにも簡単に入ります。アウトドアに出かける際は予備として携行すると安心できるかもしれません。
エスビットのポケットストーブにぴったりなケースはこれだ!
エスビットのポケットストーブに最適なケースを紹介します。上品なオリーブグリーンが無骨なギアをより一層引き立ててくれるように感じます。ケースのサイズはポケットストーブにぴったりです! このケースは100円ショップのセリアで販売されています。
セリアからクッカーを置ける五徳付きの薪ストーブが登場
2021年春、セリアから新作アウトドアグッズが次々に発売されています。こちらはキャンプ用の小さな薪ストーブです。直火を想定しているようで使用場面は限られそうですが、気になる方は試してみても良いかもしれませんね。
セリアがついにキャンプ用の焚き火台まで作ってしまう!
セリアからキャンプで使う「焚き火台」が発売されました。本体は単純な構造で簡単に組み立てたり分解したりすることができます。焚き火台の下に金属のトレーを敷く必要がありますが、ソロキャンプで焚き火の雰囲気を味わうには良いかもしれません。